2017年3月30日 (木)

午後便

本日、午後便にて出船。
今年、リズムの悪い鯛狙い。
1枚、2枚と来て3枚釣れたら上々と思ったら、5枚でした。
ロクマル半が釣れました。
桜開花間近です。
Kimg1680
 
サイドビューの使い方が分かったかも?
 
303_177

| コメント (1)

2017年3月29日 (水)

自作ベアリング親子サルカン

雪崩で高校生死亡のNEWS。
自然の怖さを思い知らされましたが、これを強行したことに無理はなかったかどうかですね。
どうしても、一旦立てた計画と言うものは、組織が大きいと変更が利かない。
なぜか、新田次郎の小説「孤高の人」を思い出しました。
無謀とも思える速さで単独で日本アルプスを踏破した加藤が、最後に一度だけ他人と一緒に登山したら遭難して亡くなった、というものです。
それぞれが、危険を感じていたとしても、判断力が鈍って、変更できなかったのでは…。
 
Kimg1655
 
注文したベアリングサルカン(スプリットリング付)と、ついでに買ったアカムツ針が届きました。
ベアリングサルカンは、溶接リングの方が強度も強そうだけど、ある理由があってこちらにしました。
こちらの方が安いこともありますが…
Kimg1664
 
スプリットリングを外して、親子サルカンにしました。
ベアリングサルカン1個70円を2個使って140円の親子サルカン。
企画倒れで終わった、普通サルカンを組み合わせて作った親子サルカン80円。
ハリス側のテンションはそんなに掛からないのでこれで十分?
これだと、通常のばら売りの親子サルカン並みのコストで済みます。
もし、10本針しかけをロストすると親子サルカンの被害額Wベアリングで1400円、これだと800円。
多分、こちらになるでしょう。
市販されている仕掛けでベアリング仕様はあまり聞いたことがないので、自作ならではです。
船釣りの深海釣りでは、ほぼ使い捨てで使うので、投入分持って行くか、1回目の投入中に2回目分を補修するかの使い方です。
単独釣行だと自分のタイミングでできるので、まあ予備の予備3つあれば十分です。
鯛の高道具やイカのスッテなど、胴付き仕掛けが多い私のボートは、胴付き釣りに特化した艤装が施されているため手返しよく釣りができます。
 
この親子サルカン作り、少しコツを掴むと1組1分でできますが、慣れるまでが中々です。
サルカンの上下どちらのスプリットリングを外すかが重要です。
ちょっと暇人しかできない作業かもしれないですね。

| コメント (0)

2017年3月28日 (火)

メバルの反応

メバル釣りの面白さは、魚探を見ながら、釣りをするところでしょうか?

昔、エサで釣っていたころは、根に張り付いたメバルを釣るため、ピンポイントでボートを流し、反応が出たところでゴン!

でしたが、近頃この釣りは流行らないですね。

サビキで、ベイト着きのメバルの群れを探して直撃!

根をピンポイントで流す醍醐味は味わえなくなりましたが、群れに当たれば濡れ手に粟。

エサ釣りなら、半日でせいぜい10匹のところをわずか2回で同じ数を釣ってしまう。

昔懐かしのこの釣りを何度か試みたものの、チマチマした釣りはできなくなってしまいました。

しかし、地元のメバル釣りはもう壊滅的。

やはり、メバルの着くポイントはある程度決まっていて、情報化社会の現代ではもう竿抜けのポイントはあまりありません。

帰省した際、手漕ぎ時代爆釣した超浅場ポイントにも船が何隻か浮かんでいたのにはびっくりしました。

三重の釣り船も、昔のメバル百匹の釣果は望めないでしょう。

残っているのは、日本海かな?

263_172

いくらでも釣れた?1月のポイントは全然ダメで、何度かのポイントでやっと潮が流れて釣れました。

多分、最初のポイントでも潮が流れたら釣れていたでしょう。

263_173

表示でも分かるように、潮が流れていません。

ベイトも餌を摂らず、ましてベイトを食べる魚も活性なし。

これでは釣れません。

わずか、20分でこの差。

GPSMAPになって、フィッシュマークの表示なし。

これ、結構きついです。

もう少し、この部分にこだわりが欲しいけど、国民性の違い?

FURUNOのFCVなんかこの機能だけでバカ売れしているのにね。

263_176

1時間後、これは鰯の反応。

200Khzでは映るが50khzで映りにくい典型的鰯の反応。

鰯の反応をサイドスキャンしてみれば、最初右だけ映り、最後は左の奥にも反応が出ています。

GT-41の振動子はサイドスキャンの画面にする前から、ずっと発振されていた模様。

しかし、画面上部はちょうど魚探BOXで見にくく、使いずらいので、下のように変えました。

携帯からのスクリーンショットです。

14907090242951

魚探を画面左に、サイドスキャンを画面下、地図を右にしました。

一番使う、地図の「+」「-」を誤作動しないように一番端にしました。

あまり使い慣れていない画面のレイアウトですが、どうなるでしょうね。

 

| コメント (0)

2017年3月26日 (日)

日本海メバル

日本海でメバル狙いでした。
職場の釣りクラブ?メンバー5名で移動時間を含め4時間ずつ2便に分けて釣ることにしました。
前日、夕暮れ一人釣行。
狙いは終盤を迎えたヤリイカ狙い。
産卵のため、浅場に接岸してたらチャンス有!
しかし、ノーアンサー。
 
Kimg1637
 
漁火を見ると、ポツンと推定水深200m辺りに1隻。
一応、水中ライトもありますが、水深200mで底にべったりのヤリイカでは光が届きそうもなく、諦めてその日はPM9時就寝。
 
6時スタート。
実は、試し釣りをちょっとしたのですが、ちょうど網が入り、メバルは無反応でした。
やはり、メバルはダメ!
なので、これを付けました!
Kimg1633
 
生イザサ。
時期的に生キビナゴはまだのようです。
 
ガシラはボツボツ釣れますが、メバルの鈴なりが欲しい。
潮が流れてないのが一番の原因らしい
潮のあるポイントを探して移動。
263_172
 
E-感じ。
今回、同船者にはGARMIN HELMのアプリをとってもらって魚探画面を見ながら釣ってもらいました。
まず、中層でアジ。
そして、今日イチの大サバ。
Kimg1639
後半組がやっている間、裁いた刺身はトロで抜群の味でした。
私は、ソイ。
Kimg1640
他に、ハネ、アコウやウマヅラなど…。
豆アジも掛かり、そのまま落とし込んで大物期待…。
も、全くダメは過去の経験から察しがついています。
ベイトがイカナゴやからアジに見向きもしないのでしょう。
ウルメ鰯の反応発見!
すかさず、サイドビューで反応を見ます。
263_176
が、すぐに反応が消えました。
これを見る限り、反応は右から来て、左に行ったようですが、画面が上で見にくかったので設定を変更予定です。
 
潮が止まって、後半組の交代。
Kimg1641
 
やや、サイズは小さいものの美味しい沖メバルが入れ食い。
狙えばいくらでも釣れるのですが、一発大物が欲しいということで、ポツリポツリ釣れてくるアジを生け簀に入れ、残り1時間をヒラメ狙いに。
しかし、真昼の時間帯ではヒラメは望み薄。
冬の釣りなので、こんなもんですよ!ということで終了しました。
ソイ、アコウ、スズキ、マサバ、マアジ、マルアジ、ウマヅラ、沖メバル、黒メバル、ベラ。
サビキ仕掛けだけで10目釣れました。
 
Kimg1652

| コメント (3)

2017年3月24日 (金)

ピーク

昨日は、飲み会だったため、書き込みができませんでした。
明日は、絶好の天気なんだけど、一人ではないので、日程の変更ができず、釣行は後半崩れる日曜日です。
 
今日は少しマシですが、今年は花粉症が厳しいです。
やはり、薬はちょっときつめのザイザルが合っているようです。
鼻水は出ないものの花がムズムズ、終いには化膿したか、鼻を触るだけで痛くなりました。
が、例年の頭痛や倦怠感はマシで、鼻周辺の攻防で、自分自身の免疫力が必死で抵抗しているようです。
日本にこんなにスギ花粉が多いのも、林野庁が何でもかんでも山をスギ林に変え、更に林業衰退させるという事態を招いた無策が原因!
スギ花粉でどれぐらい国家の損失を招いているのでしょうね。
責任を感じてないし、元の森に戻すなんて気はないでしょうね。
 
今から、次回の釣行をどうするか考えようと思います。
ガーミンのホームポートで等深線とブログの過去の釣行記を見ながら、何かひらめかないかな?
ちょっとずつ、意識が釣りに向いてきました。
                    

    | コメント (2)

    2017年3月22日 (水)

    ベアリングサルカン

    小ネタですが…。
    昨年、キンメダイ釣りで仕掛けがヨレて24号の幹糸が切れることがありました。
    幹糸の中間にサルカンを入れたらヨレが収まるのではないかと考えました。
    Kimg1622
     
    錘300号をねじってねじって…100回転ぐらいでボトッ。
    ネジ切れてしまいました。
    負荷が掛かると、サルカンと言うのは回転しないんです!
     
    ここはやはりベアリングサルカンかな!
    Kimg1624
     
    200回転してもびくともしません。
    やはり、ベアリングサルカンはすごい!
    しかし、値段もすごい。
    昔使っていた、ベアリング親子サルカン。
    436_1_2
     
    3個で1000円前後。
    10本針をもしロストするとこれだけで¥3000、錘などを含めるとえらいことです!
    なので、今日通販で徳用のベアリングサルカンを購入しました。
     
    S_no_0051
     
    100個分=一生分の購入。
    スプリットリングの方が安いですが、結構値段が張りました。
    さて、この投資はどうでしょう?
    当初の予定通り幹糸の中間に入れるか、スプリットリングをいったん外して親子にして使うかです。
    ついでに、アカムツ針も買いました。
     
    深海釣りはこれからが本番ですね。
    今年もどうやら鯛が不調のようで、深海釣りが多くなるかもしれません。

    | コメント (4)

    2017年3月21日 (火)

    魚探のWIFI

    今日は、GPSMAPの内蔵されているWIFIを設定してみました。

    まずは、8ケタのパスワードの設定。

    そして、映してみたいスマホやタブレットに「GARMIN HELM」のアプリをダウンロード。

    スマホのWIFI設定からガーミンのWIFIを選んでパスワードを入力すると案外簡単に視れました。

    この画像は家のソファーを要らなくなったGT-21でスマホに映した画像です。

    14900972867210

    スマホからも、リモコン操作ができますし、前席の釣り人にパスワードを知らせれば、魚探や地図の画像が共有できます。

    防水のタブレットがあれば一番便利でしょうね。

    1_000000001624

    実は、このWIFI内臓機能が ¥14900のGPSMAP722XSにもついています。

    タッチパネルだし、出力1KWだし、アンテナ内臓だし、2CPUだし、AQUAMAPより機能が充実しているのに格安です。

    これからは、GPSMAPの時代ですね。

    9インチの922XSだと縦のドット数が600で更に見やすくなるでしょう。

    私の7410XSだと800ドットで更にサイドスキャンが付きます。

    最近の魚探はデジタル化して、大船団では映らなくなるとか…。

    GPSMAPには振動子がチャープじゃなくても、ブロードバンドの可変周波数内で混線しない周波数を自由に選べる設定もあります。

    が、これはどうせ混線の周波数をスキップする機能があるので特に要らない機能です。

    ブロードバンドは、真ん中の周波数から外れていく周波数は弱くなる傾向にあります。

     

    とりあえず今週は職場の仲間と釣りなので、早速このWIFI機能を使ってみようと思います。

    息子が買い替えで要らなくなったスマホを使えばよいかな?

     

    追伸:スマホでスクリーンショットをとればイチイチSDカードの抜き差しをしなくて済みますね。

    やり方は、音量ボタンの低と電源ボタンの同時長押しです。

    ただし、ガーミンのWIFI設定中はWIFIでネットが見れません。

    ネットを見るときは、WIFI設定のガーミンの接続を切る必要があります。

    | コメント (0)

    2017年3月20日 (月)

    ノドグロ

    久々のアカムツ。
    最近では、ノドグロとして、すごいブランド力です。
    とりあえず、炙りで頂きました。
    Kimg1620
     
    炙りたてで思わずつまんだ炙りは美味しかったのですが、冷蔵庫の中に入れて冷やすと、いまいち。家族は、ブランド力だけで食べてました。
    1食半身ずつで即食べる!これに限りますわ。
    個人的には、脂ののっている時期のキンメダイの方が好きです。 
    それより、ノドグロの肝。
    Kimg1617
     
    結構大きい肝でした。 
    これはすごい旨いです。
    6月ごろの卵・白子はもっと旨いそうです。
     
    しかし、やっぱり一番旨いのは腐る寸前に食べる煮つけでしょう。
    しっかり熟成させて1週間後、食べるのを楽しみにしています。
    今日は、実家に帰って墓参り、お土産に釣った魚をおすそ分けしました。
     

    | コメント (0)

    2017年3月18日 (土)

    新魚探-深海釣り編

    深海釣りでした。
    狙いは、アカムツとキンメダイに絞りました。
    Kimg1576
     
    深海釣りは朝一と思いますが、今回は割とゆっくり出船しました。
    沖は結構な陸風=花粉風で、ノーマスクのため、途中大変なことになりました。
    Kimg1578
     
    今回は魚探のテスト。
    アクアマップの時は調子が出るまで1年掛かりましたが…。
    まずは、久々のアカムツポイントから。
    アカムツとしては浅めなので、GT-41の振動子からTEST。
    183_174_2
    GT-21と全く同じ。
    タッチパネルでマニュアルズームは思いのまま。
    これは予想通りとても便利です。
    地図もカーナビと同じ操作方法でポイント探しが一発。
    しかし、全くベイトの反応なし!
    それでも、底にべったりのアカムツが釣れる場合があるので、天秤で釣ることにしました。
    HIT!
    不気味な外道ではない、良い引き!
    ようこそ、アカムツと言葉まで用意していたのに上がってきたのはまあまあサイズのアマダイでした。
    Kimg1575
    続いて、まあまあのユメカサゴ。
    Kimg1584_2
    サイズが良いのは、釣り荒れしていない証拠。
    続いて、今度こそアカムツ!
    Kimg1590
    アナゴでした。
    この後、アマダイや外道が釣れ続きましたが、昼前になりアタリが止まり、アカムツの気配もないので、深いところへ場所変更。
    振動子はGT-15に、仕掛けは胴付き10本針に変更しました。
    このままでは、今回も本命なしで前回の二の舞。
    思い切って、1年分ぐらいある航跡を全て非表示にして新規ポイントへ。
    これが深海釣りの醍醐味。
    GPS主体の釣りから魚探の釣りへ。
    何か所か回って反応が出るポイント発見。
    根の前にベイトの反応があります。
    189ba97
     
    HIT!
    キンメダイと思って追い食い狙い。
    頃合いを見計らって巻き上げ。
    海を覗くと、何と!これは、もしかして?
    Kimg1597
    海のダイヤモンド、アカムツ。
    最近は狙う船が多くなって、貴重品!
    サイズもまずまず…。
    上から3番目に食ってきました。
    この後も釣れ続け、サイズUP!
    浮いてるアカムツは大きいのが多いです。
    外道も多彩、深場の定番ギスやら、ユメカサゴなど。
    最後に金目鯛も来て、本命がやっと揃い4時までやって帰りました。
     
    アマダイもやろうかと考えていたところですが、アカムツの外道で来るとは…。
    春になり、これからが本番かな?
    20170318

    | コメント (6)

    2017年3月16日 (木)

    無償修理

    悪いことは、重なるもので…。
    まずは冷蔵庫。
    真空チルドの冷蔵庫に買い替えることも検討していましたが…。
    結局、修理してもらうことに。
    なぜか、5年保証のはずが10年無償修理になっていたそうで。
    連絡した翌日、修理に来てくれました。
    基盤の交換にまでなりましたが、それでもダメで、修理は翌日に持ち越し。
    コンプレッサーのモーターの交換でやっと直りました。
    ずっと、コンプレッサーが回りっぱなしで、冷えすぎて、製氷機のパイプも凍ってしまったそうです。
    これで、無償修理。
    YAMADA電機の10年保証、素晴らしい!
    電動リールも無償修理というのがあれば良いのに…。
    あれほど壊れるものって他にあるかな?
    壊れても、メーカーも店員も、ユーザーのメンテ不足だと言うし。。。。
     
    修理してもらっている合間に、大失敗した車のコーキングのリカバリーに数時間。
    ちょっとはマシになったけど、あれはうかつに素人が手を出すものではなかったかも?
    と言うことで、昨日は寒い中、遅くまでがんばってブログの更新は無しでした。
     
    今日は、ETCの再セットアップにネットでユーザー登録の変更。
    ついでに、超撥水WAXを塗りたくるだけ塗って、ふき取りはボンネットのみ。
    これで、せめて4年は乗り続けたいと思います。
     
    と、言うことで、魚探の設定はもう洋上で済ますことにして、今週もほぼ釣りのことを考えずに週末を迎えることになりました。

    | コメント (0)

    2017年3月14日 (火)

    車が来ました!

    エンジン、魚探が解決して、次は車。
    やっと、日曜日に乗り換えました。
    まずは、フィルムを張りました。
     
    Kimg1572_2
     
    CUTフィルム。
    これは便利です!
    一番難しいリアウインドも割合うまくいきました。
     
    そして、2段ベッド。
    Kimg1534
    183㎝×110㎝。
    これで、ゆったり寝れるし、荷物も積めます。
    運転席側は板を取り外しができるようにして、3段階ぐらいリクライニングできるようにしました。
    リクライニングしない方が腰の負担が小さくこれで十分です。
    北海道釣り旅行他、釣り旅行に対応した艤装でこれに相当時間を費やしました。
     
    エンジン他荷物を詰めて、後は前回の車で錆びた部分にコーキングを施しました。
    が…、これが大失敗!
    マスキングもせずに、更に天気が良すぎて、コーキングの乾きが早くて、見栄え最悪。
    まあ、どうせ上に載せてるボートもボロボロなので、ええかな?
    しかし、ちょっとひど過ぎなので、何とか少し修正をしないといけません。
     
    購入した車は、以前の車と初年度登録はほぼ同じで10年目、走行距離が1万㎞程少ないだけの11万㎞。
    丈夫な車なので、まだまだ大丈夫だと思います。
    格安で購入しましたが、安物を買っても新車を買っても、どうせ錆びてダメになるので、釣り専用車ならこれぐらいが良いかな?と思います。
    竹内 真治さんの「四季のボート釣り」で、車を贅沢しなければ、そこそこのボートは買える、と書いてあります。
    元々気になっていた車とエンジンは今回の騒動でスッキリしました。
     
    本日は、仕事が遅くなったので、明日また魚探の設定をします。
    ほんま、抱いて寝たいぐらいですわ。

    | コメント (0)

    2017年3月13日 (月)

    GARMIN GPSMAP 7410xsv

    今回購入した魚探は、GARMIN GPSMAP 7410xsv。
     
    1_000000001531
    以前のAQUAMAP80XSより2インチ画面は大きくなりましたが、本体の大きさはほぼ同じです。
    一番の特徴はタッチパネル。
    カーナビのほとんどはタッチパネル。
    魚探もこれから、タッチパネルになっていくんじゃないでしょうか?
    地図を拡大したり、調べたりが簡単にできます。
    魚探も引き伸ばしたい箇所は、指で一発で拡大できます。
    最近深海釣りはほとんどマニュアルレンジ(手動水深)でやっていたので、威力を発揮しそうです。
     
    あとは、サイドスキャンでしょうか?
    113_173
    今回のみ、地図の水深も公開。
    しっかり今までのクイックドローも残っていました。
    ポイントマークが小さくなって見やすくなっていました。
     
    左上の細長い画像がサイドスキャン。
    0mを境界線に右が右舷、左が左舷の海中の映像になっています。
    水深43mなのにすでに40m弱から底のような映像が映っています。
    100m以上は全く面白い映像は出ないので、だんだん縮めていきました。
    水深以内の黒い部分では反応が見られますが、これは直下の反応なので、普通の魚探で分かることです。
    ただし、左に反応が多く見られますので、魚は左舷方向にいるという推測はできます。
    鰯のように大きな反応なら、50mや60mの底が映っているレンジでも魚群として映るかもしれません。
    今回は、ちょっと反応が薄すぎました。
    漁礁の形は、ダウンビューではイマイチ分かりにくかったのですが、サイドビューの方が分かりやすく、アオリの住処など浅いところで効果を発揮しそうです。
    これだけしっかり映りますから、ダウンビューが鰯の反応を捉えやすいこと分かったように瓢箪から駒的な使い方が隠されていると思います。
     
    今回、時計の表示がされなくて探すのに手間取ったり、魚探の水深以外の表示が小さすぎ大きくする方法を探したりして(これは後半画面のサイズと文字の大きさが連動していることに気づき解決しました。) 、落ち着かなかったですが、やはり同じメーカーですので、大分使い方も慣れてきました。
    一つ気になるのが…。
    フィッシュマークがない!
    マニュアルを隅から隅まで見ましたが、書いてなかったので、やっぱり無いみたいです。
    何と!フィッシュマークの音は設定できるので、音はすれども姿なし。
    上の画像でも明らかに10匹ほど鯛が居ます。
    ソフトを作成する際、忘れてしまったのかな?
    これも、アメリカ的ですね。
    次のバージョンUPで解消されることを期待したいと思います。
     
    あとは、WIHIでスマホに画面の映像を飛ばせたり、深海で感度を最強に、イカでカラーゲインを下げる設定・メバルで送信出力を下げる設定などシーンによって設定が保存出来るなど…、アクアマップより細かく色々設定できるので、これから楽しみです。
     
    今、こうして落ち着いていられるのも、DATAがSDカードを介してパソコンに保存できているおかげです。
    この機能が一番素晴らしい!
     

    | コメント (0)

    «NEWエンジンNEW魚探試運転