« サビキノマセ | トップページ | サビキノマセの竿は? »

2011年6月14日 (火)

鰯フィーバー

Dscf1779

先週、放っておいたHPの更新をやっていましたが、途中でしんどくてやめました。

なぜか、ブログの方が書きやすいです。

さて、改めてこの画像を見て、思うこと…。

こんなに反応が良かったら、ジギングでしたね。

鰯の大群に何かが突っ込んでいる様子です。

本当のことを言うと、これは釣りの最後の最後。

ガソリン切れを心配して、上げ潮に乗ってどてら流しして、魚の処理をしているところでした。

鰯は潮時じゃなく、夕方の地合に現れた感じでした。

これで、日本海なら泳ぐ生ゴミのハマチ・メジロ爆発ですが…

上の反応は鯛かスズキかサゴシあたりでしょうね。

鰯でも色々種類がありますが、このカタクチイワシがベイトとして最適で色々な魚が着きます。

数年前、この時期ヒラマサも釣れていたことがありました。

近年、鰯は減る一方。

海流の変化もあるでしょうが、シラス漁などによる乱獲が一番の原因でしょう。

昔は湾内に鰯が入って水深一桁で鰤が釣れていたのにね!

さて、このフィーバーがいつまで続くんでしょうか?

| |

« サビキノマセ | トップページ | サビキノマセの竿は? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サビキノマセ | トップページ | サビキノマセの竿は? »