« 船体に大トラブル発生! | トップページ | 台風6号 »

2011年7月17日 (日)

船体修理

今日、リトルボートに行ってきました。

エンジンマウント部が壊れたロシナンテ号ですが…

F1000018

携帯の画像で分かりにくいですが、かなりバラバラになっておりました。

原因は、倍ほどの重量の4ST15馬力を積んだせいもありますが…

裏からサイドフロートを固定するため、トランサムの中央の板の部分に開けた穴から海水が浸入して合板がボロボロになったことも大きな原因になったようです。

いつもなら、自力修理するところですが、出船当日ちょうど、リトルの田原さんにお会いし、

「あんたのエンジンが心配やから、タダでエンジンオイルとギアオイル換えたるわ。」

と言われたので、立ち寄ることにして、なりゆきでそのままお任せすることになりました。

フレンドさんも心配してかTELをくれ、それ相当の修理が必要とのことで、今回はこれが正解だったと思います。

因みに、やはり、田原さんの勘は大当たりで、ギアオイルがなくオイルシールの交換になりました。

言い訳ですが、夏休みには交換の予定だったんですけど…

もうひとつ、因みに、オイルあがりで故障から2回に1回はOIL点検をし、継ぎ足しておりましたが、約半年でその量が900mlペットボトルに入れてあったOILが空になりました。

HONDAのこのエンジンはOILがよく減るようです。

みなさんも、船体&エンジン&車、それと人体のチェックは小まめに行いましょう。

今日は、暑さにやられ、リトルへ行った以外体を動かさず、朝も昼も夜もろくなものを食べておりません。

明日は、これまた修理対象になっているヒッチクレーンの修理でもやりますわ。

| |

« 船体に大トラブル発生! | トップページ | 台風6号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 船体に大トラブル発生! | トップページ | 台風6号 »