« ハマチの日 | トップページ | 2011年ファイナル »

2011年12月30日 (金)

残念な味

息子の彼女が来て、更にそれを見に親戚一同が集まって、てんやわんやでした。

そこで、味に間違いなしの鯛の活き造りに、アオリイカ、ハマチの三種盛りでした。

が、鯛が柔らかい。

味なし。

いきなり身割れ。

と、最悪。

身に栄養がないからでしょうね。

活かして持ち帰った2匹中1匹は朝昇天で塩焼き用に、もう1匹も瀕死状態でこれが良くなかったからでしょうか?

いやいや、昨日の鯛はもっと不味かった。

神経抜き3時間でほぼどの魚も死後硬直。

一番、死後硬直が進んでいない魚を選んだのですが、これが間違いだったか身がぶよぶよで、泉南の鯛でここまでのを見たことがありません。

海上で裁いて帰る場合、脂が乗っているのは、尾びれの先を切ります。

更に、脂だらけの魚には、尾びれの上下両方の先を切ります。

今日、尾びれの両側が切れている鯛を食べますが、どうでしょう?

今年の鯛は不味いかも、と以前書きましたが、現実のものとなるかも…。

原因は2つ。

① 季節が遅れているから。

…秋ならこれもうなずけます。

② 太刀魚のベイトが少ないから。

今年は来るのが遅れたし、ピークがないまま終わってしまいました。

太刀魚の良かった明石で鯛が爆発するかも…。

①なら、これからまだ復活の可能性があります。

実際、腹にラードを蓄えている鯛もいましたので…。

 

ところで、今回1匹生簀へ入れたまま撮影を忘れていました。

これは、早く撮影を終わらせて、鯛に余計な空気を吸わせたくないからです。

今回は、仕掛けを投入してから、エア抜きをして生簀に放り込んでいましたし、ハマチ4つに鯛11で生簀内の酸素不足もあってか魚がかなり弱っていました。

元気な鯛の中から、美味しそうなのを見立てて持って帰りましたが、これはすべて大外れ。

美人鯛は全滅。

黒いのも良くありませんでした。

小さい奴ほど良かったです。

魚を美味しく持ち帰るのも、釣りの大切な技術ですから、次回はもう少し魚を大切に扱いたいと思います。

 

2時間後編集!

Dscf2412


やっぱり、尾びれCUTの鯛はスーパー真鯛でした。

これを食べさせれば良かったですね。

今のハマチも個体差が激しいですが、鯛は雲泥の差です。

釣り分ける方法はないかしらね!

| |

« ハマチの日 | トップページ | 2011年ファイナル »

コメント

ロシナンテさん
鯛も当たり外れがあるんですねえ。
鯛には脂が乗っているんですけどねえ

投稿: 白影 | 2011年12月30日 (金) 20時02分

白影さんの釣った場所が良かったんですね。
私も、今回美味しいのが釣れるポイントで粘りましたが、やっぱり脂が乗っていました。
アドバイスありがとうございました。

投稿: ロシナンテ | 2011年12月31日 (土) 20時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハマチの日 | トップページ | 2011年ファイナル »