« 天気予報 | トップページ | 雨・寒・鯛 »

2012年1月19日 (木)

シーアンカ-について

前回の釣行で久々にシーアンカーを使いましたが…

Dscf2522


私の使っているのはビーチパラソルの布で作ったもので、良く絡まりますし、ブレーキの効きも少し弱いです。

しかし、めったに使わないので、しばらくこれを使うことになるでしょう。

イカ釣りにシーアンカーを使うのは、安定的スピードで底を引きずることができるからです。

スパンカーだとクラッチのON OFFでスピードや道糸の角度が変わって釣りづらくなります。

あとは、フラフラやキス釣り、太刀魚などでも使います。

エンジンを止めるので、経済的で1日釣ってもタンク半分以下で済みます。

あとは、エンジン音が消えるので、キスやメバルなど音に敏感な魚には良いと言われています。

が、多くがスパンカーで釣りをしている流し場では使用を控えるべきです。

例えば、北風で緩い北に向かう上げ潮である場合、シーアンカーのボートは南に、スパンカーの船は北に向かいます。

両者が離れていても、見る見るうちに接近します。

今まで、交錯しそうになり、変に動いて魚をばらしたり仕掛けを切ってしまったりしたことがありました。

まさか、ここでシーアンカー?というポイントでシーアンカーを引っ掛けてしまって不本意ながら平謝りしたこともあります。

また、シーアンカーが漁船の下に入り込んでいったのを2度見ました。

私も昔シーアンカー派でしたが、バック流しへ。

そしてこれも、他のボートと動きが少し変わるので、スパンカー流しが多くなりました。

と言うことで、シーアンカーを使うには周りにボートが少ないことが条件になります。

あと、冬は常に顔面に風を受けてめちゃ寒いことでしょうか?

シーアンカーでも鯛は釣れますが、シーアンカーの特質を十分知った上で使う必要があると思います。

| |

« 天気予報 | トップページ | 雨・寒・鯛 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 天気予報 | トップページ | 雨・寒・鯛 »