« フィッシングショー大阪2012 | トップページ | なぜ、デプスハンター3号のライン強度が弱いのか? »

2012年2月 6日 (月)

フィッシングショーの話パートⅡ

PEの話をしたいのですが、これを書くにはかなりエネルギーが要るので、疲れている今日はパスです。

魚探は、いつも通りHONDEXがまたまたモデルチェンジ。

地図は、日本海側の等深線が詳しくなったそうな。

ロランスだったら、HPからダウンロードしてSDカードに保存するだけなのにね。

Dscf2569


8インチ画面に1KWの振動子にデジタル魚探で200KHZで400mは映ります!とのことでした。

定価で¥28000程。

大画面TVが十分買えますね。

ロランスは全く50KHZが使い物にならないので、これもええなあと思いますが、あと2,3年は今のシステムでよいかな?

デジタルですので、サイズも出ます。

2011年モデルがリトルあたりで安売りされることでしょう。

Dscf2574


今流行のアラバマリグ。

めちゃ釣れるらしいです。

さびき効果でしょうか?

これを海釣りに応用できないでしょうか?

2,3アイデアがありますので、半分ジョークでやってみるかも…

アルファタックルのブースを探したけど、ありませんでしたが、ウエシマにスタッフ2人が来られていました。

疑似用の竿を色々物色しましたが、これと言うのは見つかりません。

やはり、ダイワのA-BRITZメバルが良いように思います。

自分のフィーリングを信じて、今日ARクワセを返品してきました。

そうそう!アルファタックルから細身小物用のUDグラス竿の新製品が発売されるようです。

夢人KAMIKAZEだったかな?

何だか重さもフィーリングも中途半端に感じました。

やはり、UDグラスはアルシエラが良いように感じますが、これはあくまで個人的見解です。

あとは、ダイワの電動リールは、新シーボーグ300のレオブリッツ版が発売されたことでしょうか?

私は、深海用のリールを買ったので、あとは完全ふかせ用にフォースマスター1000の

安物版をいずれ買おうかなと思っているぐらいです。

多分、3万以下です。

| |

« フィッシングショー大阪2012 | トップページ | なぜ、デプスハンター3号のライン強度が弱いのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フィッシングショー大阪2012 | トップページ | なぜ、デプスハンター3号のライン強度が弱いのか? »