« 野外料理 | トップページ | 目 »

2014年3月 3日 (月)

食い渋り時のハリス落とし

潮が走り始め、アタリがあっても針に乗らない。
また、乗らない。
魚の気配があるのに、その内アタリが途絶えました。
そこで、ハリスを落とした仕掛けに変更。
竿も、低弾力タイプの旧クワセの竿に変更。
竿が変わって、誘いも合わせも変えて、そこから5連を含めて10匹程バラシなしで釣れました。
さて、何が良かったのでしょう?
ハリスか、竿か、少し間を置いたせいか?アワセのコツをつかんだせいか?
やっぱり、ハリスを変えたのが、起点になったような気がします。
ハリスは、太くてもいっしょ!と言う人もいて、最近細ハリスでやってなかったんだけど、初釣りの二桁釣果も細ハリスでした。
食い渋りのこの時期は細ハリスは効果があるように思います。
※ただし、この時期、一発大物が来ますので、地元はハリスを落とさない方がよいと思います。

| |

« 野外料理 | トップページ | 目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 野外料理 | トップページ | 目 »