« タイラバか高道具? | トップページ | ワールドカップに想う »

2014年6月19日 (木)

続タイラバ話

最近、流行りの遊動式のタイラバ。
発祥はセブンスライド。
九州の釣り船の船頭が開発者。
http://dragon2arashi.web.fc2.com/seven.html
これで思い出すのは、日本海ビクトリーのダンシングマジック。
私も1つ買いましたが、未使用です。
セブンスライドは、結構どこの釣具屋さんにも売っています。
が、私はバッタ物を買いました。
他のメーカーもほとんど遊動式のタイラバを出しています。

今回、遊動式のメリットであるフォールで食わすため、糸を3m程出しフォールしましたが、1回目のフォールしか効果はないのか全然でした。
粘れないのも原因ですが、腕もまだまだ…。
最近、南側の釣り船で、アカハタ、オウモンハタなどを、タイラバや、一つテンヤや、スロージギングで、良く釣れています。
鯛は多分よう粘れないので、当面ハタ狙いで修行しようと思います。

さて、明日はサッカーワールドカップ。
ど凡人の私も見ることになるでしょう。
多分、引き分けとみました。

| |

« タイラバか高道具? | トップページ | ワールドカップに想う »

コメント

こんちは~
ロシナンテさんにタイラバは必要ないように思いますが…(笑)
タイラバで鯛を釣るのであれば試していただきたいことがあります。
フォールでアタるくらい活性が高ければいいですが、大抵は巻きで来ます。
タイラバに慣れない方はこの巻きのスピードに戸惑いがあるかと思いますが
私がお勧めしたいスピードは結構な早巻きです。
回収スピードとまではいかなくても、気持ちよく回せる程度の早巻きを試して見てください。
特にアタリはあるのに乗らないというような場合、効果大です。
ちなみに私は、ひとつテンヤロッドにスピニングリールを使用しています。

投稿: ウミ | 2014年6月23日 (月) 01時05分

ウミさん、
大変参考になりました。
ウミさんの釣りを知って、今年は日本海で大鯛釣るぞうと決めておりましたが、地元で鯛釣りを堪能しましたので、計画を取り止めました。
ピン!と閃くことがありましたので、実践してみます。

投稿: ロシナンテ | 2014年6月23日 (月) 22時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タイラバか高道具? | トップページ | ワールドカップに想う »