« 逃亡組の鯛? | トップページ | アオリはどこへ? »

2014年10月14日 (火)

携行品損害補償

この前、太刀魚釣りでけがをした分の保険金が支払われました。

保険のお姉さんに電話でけがの状況を話す際、保険のオプションの「携行品損害補償」で壊れた竿の保証ができますよ!と教えてくれました。

携行品損害補償とは、不慮の事故で壊れた物の修理費を免責5000円で払ってくれるというサービスだそうです。

電化製品や携帯電話、車やボート本体はダメみたい。

ゴルフのクラブやデジカメ、釣り道具などが補償の対象になるようです。

今回の、超お気に入りの「スーパーライトエギシャクリ」を直してもらえるならこれはええ!と修理を依頼しましたが…

もう、修理できません!

と言うことで、購入額から年数分の減額を差し引いた保険金が支払われることになりました。

これも、またラッキー♪な話で、口座に振り込まれましたが…

ちょっと待てよ!と、

今まで、壊れて修理したリールや竿、もしかしたら魚探も、保証の対象になっていたかも?

もう領収書がないので、アカンと思います。

保険はちゃんと色々知っとかないと損しますね。

買った人は必ず折るというシマノのCI-4の購入もこれで怖くないし、電動リールの修理も、これで保証してくれそうです。

セゾンカードの保険も年間100円で入っています。

たしか入った理由は、漁具の損害補償を補ってくれるんやったか?、携行品損害やったかどうか忘れてしまいましたが、そんなので、入ったはずですが、詳しい理由を忘れてしまいました。

昨年は、落石を拾って南紀で立ち往生したボートを乗せた車を保険のロードサービスでただで運んでもらいました。

人生ゲーム同様、保険は入っとくべきですね。

みなさんも、一度保険のオプションを調べておくと良いと思います。

| |

« 逃亡組の鯛? | トップページ | アオリはどこへ? »

コメント

私も携行品保険入ってます。
結構お世話になっています。
私が夏場にするアユ釣りの竿は非常に高いです。
値段はピンキリで安いものなら9mで3~4万円程度ですが、そんな竿は船釣竿の2.7mの3000円以下程度の感覚です。
長くて軽量なので作りの差が歴然です。
競技仕様なら9m、8本継ぎで20万以上です。
超軽量なのでちょこっと固いものにぶつけると折れてしまいます。ですから私はどんな時でも地べたに竿を置きません。
修理は当然部品交換のみで穂先で2万円、元竿なら10万円以上です。
保険がなければ怖くて釣りに行けません。
携行品保険の修理は事故扱いですから、竿折れは大丈夫ですが、
使用過程で壊れるリールの故障はたぶん審査で落とされます。
悪用対策で保険を使いすぎるとブラックリスト入りで審査漏れになるようですし、年間使用の上限額(私の保険は20万円程度ですから元竿に近い箇所なら二度折れで上限超え)もあります。
一回の免責が3~5千円しますから。私は修理費が1~2万円なら保険は使いません。
使用範囲と年間使用限度額と免責額は確認必要です。
参考までに

投稿: Uターン | 2014年10月15日 (水) 00時01分

Uターンさん、
何でもよく知ってますね。
私はこの前初めて知ったので、まだまだ知らないことだらけですが、とりあえず、アドバイスの通りリールの補償の申請はやめときます。
保険は支払われる額の方が毎年多いので、もう半分ブラックリスト入りしてますね。

投稿: ロシナンテ | 2014年10月15日 (水) 21時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 逃亡組の鯛? | トップページ | アオリはどこへ? »