« ティップラン用の穂先交換 | トップページ | 屋根裏倉庫の整理 »

2015年3月11日 (水)

あれから4年3.11

震災から、4年。
日本人は、この日を忘れてはいけません。
あのときは、被災者を助けようと思ったものですが、この節目に、思い出さないと段々風化しますね!
福島の被災された方の講演を聞いた人が、補償金で、飲んでばかりの人も多いと言うような話があったそうな。
これだけ聞くと、あれ?と思うかもしれませんが、仕事も住む場所も失った方の気持ちを察するに余りあることです。
津波は天災、原発の汚染は人災。
TVとかでは、知らされないことが沢山あるようです。
メールやネットで、原発汚染はメルトダウンでチェルノブイリより深刻という噂が私の手元にも届きましたが、デマと思ったら本当で、東電の話こそがデマでした。
いまだに、東電は嘘を繰り返してますね。
更に、嘘の上塗りをしてるし、呆れるばかりです。
どちらかと言えば原発再稼働賛成派でしたが、最近微妙です。
退路を絶って、石油にも核にも頼らない社会を目指すべきかも?
政治の右傾化で、そうはならないでしょうが…。
政治はど真ん中が好きなので、そう考えるようになったのかも?
釣りバカのブログなので、釣り話に戻りますと…
次の大地震は、東南海地震があやしいそうで、釣りの最中に震災に合う確率は?
週に1回の釣行として、私の場合、原則現地で準備して仮眠するのも含めるとほぼ丸1日。
ということは、釣りの最中に震災に合う確率は7分の1。
決して低い確率ではありません。
泉南で、東南海地震にあった場合、携帯で緊急避難情報を受け取ったとして、出港地に戻るのに最大30分、ボートを上げて車に積むまで1時間。
車で安全なところまで逃げるのに30分。
ちょっとボートまで無事回収するのは、無理かな?
なるべく近くに上陸して、高台に登る。
多分今だったら、ガーミンだけは、持って逃げるでしょうね。
沖へ出て助かった船もありますが、これはよっぽどの時=震源地に近いときでしょうね。
最後に、震災で亡くなった方のご冥福をお祈りして本日はこれにて。

| |

« ティップラン用の穂先交換 | トップページ | 屋根裏倉庫の整理 »

コメント

初めまして。
いつも楽しく拝見させていただいております。
私のホームグラウンドは日置川ですが、
1年ほど前に田辺海上保安庁の講習があり、
その時に南海トラフ地震が海上で起きた時の非難の話がございました。
泉南は少しわかりませんが、
周参見沿岸の場合は水深200mの場所まで行けば
津波からは助かるという話を聞きました。
その話を聞くまでは相当遠くの外洋まででなければいけないのだろうと思っていましたが、
周参見周辺で水深200mと言えばそこまで遠くなく、沿岸から3マイルぐらいです。
もしロシナンテさんがその周辺で釣りをされている時に地震が起きた時は水深200mを目指してください。

投稿: タッキー | 2015年3月12日 (木) 13時50分

タッキーさん、はじめまして。
水深200m以上だと津波の影響を受けにくいんですね。
プレジャーボートなどは、ボートも助かるので、それが良いのかもしれません。
ものの本によりますと、その場合も、食料や燃料、水などが十分にないと危険。
命だけなら、素早く上陸して、身の危険を回避した方が良いと書かれていました。
その時の状況判断が大切になってくるんでしょうね。
色々情報をいただき、ありがとうございました。

投稿: ロシナンテ | 2015年3月13日 (金) 07時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ティップラン用の穂先交換 | トップページ | 屋根裏倉庫の整理 »