« カツオのケンケン釣り | トップページ | 事故渋滞 »

2016年5月 2日 (月)

ケンケン釣り続編

今回、ケンケン釣りをする際に色々勉強しましたが、案外ブログでこの話題に触れる記事が少ないので、少し詳しめに書くことにします。

まず、費用ですが、案外安上がりです。

深海釣りは底なし沼ですが、ミニボートだとレーダーはいらないし、アウトリガーもいらなくなった竿で代用でき今のところは安くついています。

 

さて、実際の釣行で一番肝だと思ったのは、仕掛けの長さです。

購入したSETはケンケン船用のしかけ。

ケンケン船は通常シャフト船でペラは中央寄りの船底。

ミニボートの場合、船外機でトランサムのまだ後方にペラがあります。

カツオは船に着くと言われていますが、何ぼ何でもペラは避けるでしょうから、仕掛けは普通のより長くすべきですね。

5


このV字の波のところに仕掛けを入れるのが良いのでしょうか?

後半、潜航板以外は目一杯長くして、マグロ用だったリールの仕掛けをカツオに合わせて近づけると、それにHITしました。

リール用の仕掛けによく反応したのはルアーばかりではなく、仕掛けの長さも良かったのでしょう。

どう考えても、ケンケン船に敵わないですが、おかず分ぐらい釣れれば十分です。

ただし、ハンドル、スピードが固定できないのは辛いですね。

丸ハンドルだとカートップしにくくなるし、ガーミンのバーハンドルに装着できるオートパイロットが要るかな?

あと、スピード計も必要かな?

GPS魚探に表示される速度は、潮の速さで増減され、実際のスピードは潮流のスピードの加減する必要があります。

今回は下げが強く、上がるときは時速9km/hでもラビットが跳ねていました。

ガーミンなら何か装置がありそうですね。

凝り始めると費用が掛かりますね。

でも、私のボートでできるのは1年の内のほんの半月。

程々でやめときます。

 

今回、一番想定外だったことは。。。。。

14622217045410

カツオの味がいまいちだったこと。

1㎏ほどの小々サイズでは仕方がないでしょうか?

次回は、もっと南下して中判を狙いたいと思います。

| |

« カツオのケンケン釣り | トップページ | 事故渋滞 »

コメント

この意見参考にさせて頂きます!
為になるブログ有り難うございます(^^)

投稿: | 2016年5月 2日 (月) 22時58分

ロシナンテさん
最近、このページが重たいですねえ。
なかなか開かない

鰹は美味しくなかったですか?
処理はきちんとしてますか?
血抜きを素早くして、氷水にぶち込む。
暴れるから、先に頭をぶつけて、失神させると良いそうですよ。

私は、5/1と5/2に行きましたが、まあ、ぱっとしない釣果でした。
でも、魚が入って来ている実感は感じます。

投稿: 白影 | 2016年5月 3日 (火) 07時40分

名前なき投稿の方、
ありがとうございます。
ケンケンの記述があまりにも少なくて、もしかしてこの内容って秘め事なの?と今も少し不安ですが、どこからもお叱りがなければ、このままUPしておきます。

投稿: ロシナンテ | 2016年5月 5日 (木) 08時02分

さすが、白影さん!
「裸の王様」の子供役的存在ですね。
薄々そう思っていたのですが、やはり重いですね!
画像のサイズを下げることも検討中ですが、今は少しマシですね。
カツオの処理はバッチリで、そこそこ美味しかったんですが、期待の方が遥かに上回ったんです。
夏の中判カツオを経験してますので…
今年はいいんじゃないかと思いますよ。
楽しみですね。

投稿: ロシナンテ | 2016年5月 5日 (木) 08時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カツオのケンケン釣り | トップページ | 事故渋滞 »