« WIN10の災難Ⅲ | トップページ | 地震 »

2016年11月27日 (日)

クロステージCRK-902LSJに合うリールは?

本日は、自宅の模様替え。
当然、釣り道具も場所移動。
よく見かける光景、玄関にある竿。
玄関横の収納スペースに入れました。
風水では、玄関はスッキリしないと運が逃げていくそうです。
 
Dscn1489
もっと竿は有りますが、季節に合わせて移し替えていきます。
奥にあるのが、少し前に衝動買いしたM社クロステージCRK-902LSJ。
1万円ちょい。
ショアジギング用9F=2.7m。
「ショアジギングシリーズ中、最も疲れにくいモデルです。」と書いてあります。
長くて、竿の弾力でルアーを飛ばすタイプ。
多分、多少ルアーが軽くてもよく飛びます。
勿論、オフショアー=マイボートのキャスティング用です。
かねがね、シーバスロッドの方がいいんじゃないかな?と思っていました。
私の場合、一人で旗とスパンカーを直せば、360度突起物なし。
案外、ミニボートはキャスティングに向いてるんですよ。
魚が掛かってもゆっくりやり取りすればいいので、この竿で十分でしょう。
さて、これは浅はかな考えでしょうか?
 
あとは、リールです。
ダイワBGを考えていましたが…
左ハンドルしかないし、もっとええのんを発見!
シマノのバイオマスター
Vi
6000番で455gで3号300m。
5000番で315gで3号240m。
40%OFFで、1万円台。
 
新発売の6000番は何かと良さそうなのですが、軽い竿に合う5000番の315gも魅力。
今日、確かめに行くつもりだったのですが、家をほとんど出ることがありませんでした。
さて、どっちでしょう?
確実なのは6000番ですね。
14Kにも使えそうです。
マグロ狙いでツインパワー8000を買ったのが2003年。
それから、竿もリールもそのまま。
13年ぶりに買い替えようと思います。
釣りカレンダーが欲しいので、買うのは来週以降です。

| |

« WIN10の災難Ⅲ | トップページ | 地震 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« WIN10の災難Ⅲ | トップページ | 地震 »