« 時事ネタ | トップページ | フィッシングショーOSAKA 2017 »

2017年2月 1日 (水)

魚探を見比べて

20170128_0736_00 20170129_1057_01 20170129_1313_00
今回、まずはヤリイカ狙い。
根につく習性はないので、釣れるかどうかは時の運。
魚探で探せばいいのでしょうが、経験値が少なく3時間ほどでスルメイカ1。
やはり、夜ライトで集めるのが手っ取り早いですね。
 
ならばと、昨年から始めた裏メニューのメバルはまあまあ釣れました。
鈴なりのメバルは面白い!
胴付き仕掛けの裁きが苦手なゲストのため、ハリスは太目の2号、全長は短めにしたけど、日本海は食いにほぼ影響なし。
 
そして、ポイントを転々とする間にアジの反応が出て、実質落とし込み釣りになり、この太仕掛けでソイと小アコウが釣れました。
2月なら、来年でもこの釣りが成立できそうです。
 
こうやって、次々違う釣りがつながってターゲットが変化していくのはボート釣りのだいご味だし、その偶然に新たな釣りが広がるんですね。
かつては、春の日本海で、完全フカセで鯛・ヒラマサを狙ったが、イサギしか釣れずがっかりしたら、それが最高に旨くて、今やイサギがメインターゲットとなりました。
 
深海も、メインとした金目鯛やアコウダイより先にノドグロが釣れて、それがメインになっています。
まだまだ、そういう事がいっぱい残されているかもしれません。
例え本命に振られても、しぶとく他の釣りができるよう知識も道具も用意しておきたいものです。
 
魚探のスクリーンショット。
これと、自分のブログの読み返しで、ほぼ過去の記憶がよみがえります。
隠してますが水深に、潮の速さ・水温・時間・魚探の反応・航跡など…。
しかし、この3枚を重ねて気になる点あり!
バッテリーの電圧下がり過ぎですね!
もう2年以上使っていますが、そろそろ寿命でしょうか?
ディープサイクルのACデルコで、何度かパルス充電器のリフレッシュ機能を使ったのですが、回復しません。
深海シーズンを迎え、買い替えかな?
 

| |

« 時事ネタ | トップページ | フィッシングショーOSAKA 2017 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 時事ネタ | トップページ | フィッシングショーOSAKA 2017 »