« 秋の味覚 | トップページ | 時事問題。 »

2017年11月 8日 (水)

太刀魚テンヤについて

太刀魚テンヤは、最近新製品が続々出ています。

特に、ダイワとハヤブサは、状況によって色を変えるよう、豊富なラインアップ。
これって必要ですか?
タイラバや今年ブレークしたタコ餌木のような路線を作ろうとしているんじゃ…?
試しに買ってみたハヤブサが今回の釣行では大失敗。
またも、騙されたなあという感じ…。
というのは、数年前とあるショップの店主に、ハヤブサの△ヘッドはすごく釣れると言われ使ってみると動きが変で終いにゴミ箱へ。
今は製造中止となっています。
今も、結構ハヤブサのテンヤは一番ええ位置に置いてあるショップが多いようです。
昔はテンヤと言えば、YAMASHITAかYO‐ZURI。
後発のハヤブサはいろいろなアイデアで目新しさもあって、釣具店がイチ押しすることが多いようです。
私は、結局オーソドックスなテンヤに適わないと思うんだけど、去年あたりから、オーソドックスなテンヤに色を付けることで新味を出そうとしているような感じがします。
こんなにたくさんの色分けが必要なんでしょうか?
ワイヤーリーダーが禁止になっている昨今の釣り船。
ナイロンリーダーが入っているのはいいですね。
 
ダイワもよく似たラインアップ。
31abv8kbanl_ac_us160_
多彩な色が選択可で、餌によってバランスが変わるため、テンヤを着けるところが2か所あるタイプ。
買う気はしませんが、どうなんでしょう?
シマノは、こんな感じ。
後発メーカーがオーソドックスなテンヤを凌駕する日が来るのかな?
 
※ハヤブサのテンヤがダメ!と言うのは完全に個人の感想です。
マイボート釣りでは、ふつ~うの形をしたテンヤならテンヤによる差はあまり出ないでしょう。
 
因みに、私は、これです。
Img60434246
現在、発光体を使わず、タコベイトを使って経費を節約していますので、ワイヤーリーダーも使っていません。
でも、マイボート釣りではワイヤーリーダー+ルミックスが最高パターンではないでしょうか?
昔はYAMASHITAのシングルテンヤでしたが…、
上の角みたいな滑り止めがないので、やめました。
このタイプは安売りしていることが多いですが、針を餌の中に貫通させないと餌がすぐずれるので、面倒くさいです。
値段は高いですが、最近滑り止め付のも発売されたようです。

| |

« 秋の味覚 | トップページ | 時事問題。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋の味覚 | トップページ | 時事問題。 »