2017年4月23日 (日)

鯛狙い

今週は、しんどかったので、予定していた深海釣りをパスして、地元釣行。
それも、社長出勤でした。
まあ、たまにはこういう選択も有かな?
 
20170423
 
 
今は、チャリコの方が旨いので、チャリコ上等!ですが、 もうちょっと釣りたかったです。
泉南の鯛が減っている昨今、これが精一杯でした。

| コメント (1)

2017年4月16日 (日)

オキアミの釣り

今週も釣りなしかぁと思ったら、日曜日がどこでも行ける良い天気に変わりました。
最初は、青物祭りで沸く日本海と思いましたが、やはり、初めから食べられない魚を釣りに行く気になれないので、同じ日本海のメダイ・イサギ狙いにしました。
見た目は地味でも、日本海ではこの2つが最も美味しいです。
あまり好きではないオキアミの釣りでした。
高くつくし、臭いし、エサを付けたり、撒き餌を込めたりが面倒だし、何より苦手だし…。
 
Kimg1773
 
朝一はメダイから。
予定数3匹。
ここ数年芳しい情報は出てこないですが…。
第1ポイント。
164_173_2
 
潮が速すぎ、更に反応薄くこれが精一杯。
これは、多分沖メバルでしょう。
移動する前に少し釣っとけば良かったと後で後悔。
続いて、イサギ。
釣り船では、メタボサイズが釣れていましたが…。
本命ポイントに釣り船はおろかプレジャーボートも不在。
だったら、昨年イカ釣り前のイサギ狙いで見つけたポイントへ。
 
164_174_3
 
左に根あり。
風を計算に入れてアンカーをドボン!
Kimg1780
 
いきなりウキがスッと入りました。
Kimg1776
いきなりメタボなイサギ。
続いて、ウマヅラ。
次は、エサなしで、即完全フカセに変更。
「隣に掛けて良いですか?」と気持ちよく声をかけてくれた地元のプレジャーも左側に掛け、ウキ流しを始めました。
ハリスが超ロング。
なるほど!こんな釣りもあるな!と思いながらも、この日はほぼ潮が流れず、どちらかと言えば完全フカセ有利。
ジャ~~~~~~~~。
痩せたハマチ?ヒラマサ?
続いて、もう1匹。
Kimg1789
さて、どっちでしょう?
多分ヒラマサ・コマサです!
Kimg1784
まるで、夏のように暑い!
風向きも潮も変わって、コマセの帯が根から外れました。
アンカーを上げ、メダイ第2ポイントに行きましたが、抜群の位置にプレジャーが掛かっていたので、諦めました。
イサギにしようかメダイにしようか釣行前の迷いが本番でも出たかたち。
メダイもイサギも、夏までにもう一度チャレンジしたいと思います。
 
20170416

| コメント (2)

2017年4月 2日 (日)

サバ地獄

深海に行ってきました。
前回、深海の活性が高くなっているので、今回も楽しみにして出かけたのですが…。
誤算1。
朝から、風とうねりがひどい!
 
Kimg1687
 
ここは、朝一が風が強くなるので、我慢しましたが、最後までうねりがとれず、数年ぶりに軽い船酔いになりますた。
ゴンゴン!
いい魚信がいきなりありました。
Kimg1686
 
幻の魚、アラ。
いきなり、嬉しい魚。
続いて、小アラが釣れ目玉飛び出しでリリースできずキープ。
アカムツらしきアタリもありましたが、うねりのせいかバラシ、前回良かったポイントへ。
024_174_2
相変わらず、反応は良い感じ!
いきなり、仕掛けを持ち上げるアタリ。
Kimg1689
サバでした。
最初は、まあこれでも良かったのですが、これ以降サバ、サバ、サバ。
反応の中層もサバなら、無事底に達してもサバ。
終いに、サバをノマセサビキ状態にして、まだエサのついているところに、食いつかないかと追い食いを待ってもサバ。
最高、8連もありました。
誤算2はサバ地獄。
多分、深海には良いベイトが入っているのでしょうが、サバ地獄には打つ手なし。
金目鯛やアカムツも同じ考えであきれているのでしょう。
前回はサバが入る直前でちょうど良かったのでしょう。
風のうわさで聞いていたサバ地獄がこれほどまでとは…。
 
さて、このサバ地獄でも新調したベアリングサルカンの仕掛けは上々でした!
1セットだけで1日通せました。
実は、どんくさいことに、仕掛けを出す際、ぼとっ!と一気に仕掛けが外れてしまい、仕掛けを直すのに30分ぐらい掛かりました。
しかし、漂流中良いポイントを発見。
結構、深い水深の根です。
後半、入りなおしたのが上の画像です。
サバが去ったあと入るのが楽しみです。
 
海況も、釣果も悪いこの日。
上陸して真っ先にしたのは、お弁当を食べること。
やっと、腹痛が収まり空腹を満たしました。
また、寒の戻りで寒く、過酷な1日でした。
 
Kimg1694

| コメント (4)

2017年3月30日 (木)

午後便

平日釣行。
午後便にて出船。
今回も魚探のテスト。
GPSMAP 7410xsvを持っているのにSV(サイドビュー)を活用しなければ、意味がありません。
着いてすぐの反応。
303_171
 
見事に月形の反応が出ています。
この後、仕掛けをセットし、下しましたが、ダメでした。
続いてのポイント。
303_175
 
何かのスイッチが入れば、釣れそうですが…、ダメ!
SV(サイドビュー)にしっかり反応が出ています。
200khzのビームの角度は10度で、50khzが40度、SVが180度。
50khzは幅広く反応を見れるのですが、海中のどこに居るかは画面では分かりません。
しかし、SVは左右別の振動子なので、右か左かの判断がすぐにつきます。
この場合は左?
ではなく、200khzでしっかり映っているので、ど真ん中です。
どうやら、左の方が感度が良く明るく見える傾向にあります。
トランサムに傾きがあり、振動子の取り付けが少し左に振れているせいかもしれません。
暗いものの右もしっかり反応が映っています。
303_176
 
水深が100mを超えてもまだ反応が続いています。
SVをタッチ画面のピンチアウトで水深200mまでズームアウト。
100mを超えても底を捉えています。
あとでよく見ると左には200mのところにも反応が見られます。
 
魚探を操作するために来たのではないので、釣りに集中!
反応は良いし、明らかに船の下に鯛が居る。
しかし、反応以外の条件がもう1つ必要です。
ポイント移動してすぐにHIT!
しかし、何と!ハリス切れ。
そして、やっと小ぶりの鯛。
写真は撮らず、サイズUPのため次の流し。
これも大きなアタリをバラシ。
しかし、誘いのパターンは分かりました。
そして、まあまあの美人が釣れました。
Kimg1666_2
そして、ビュ~~~~~ン♪
慎重にやり取りして
Kimg1668_2
 
ロクゴー(ほぼナナマルです!)GET。
この後もう1匹来て地合終了。
これが釣れる反応です。
 
303_177
上の3つとの違いは…???
 
SVを使った、ベイトの見つけ方が分かりました。
50khzで反応が出たら、しばらく進んでSVを見る。
SVで左右どちらに反応が出るか調べて、左右の舵をきる。
SVの両方に反応が現れたら、仕掛けを下す。
SVで簡易なソナーの役割ができます。
潮止まり前に1枚追加して終了。
桜鯛=乗っ込みの気配が出てきましたね。
Kimg1680
 

| コメント (11)

2017年3月26日 (日)

日本海メバル

日本海でメバル狙いでした。
職場の釣りクラブ?メンバー5名で移動時間を含め4時間ずつ2便に分けて釣ることにしました。
前日、夕暮れ一人釣行。
狙いは終盤を迎えたヤリイカ狙い。
産卵のため、浅場に接岸してたらチャンス有!
しかし、ノーアンサー。
 
Kimg1637
 
漁火を見ると、ポツンと推定水深200m辺りに1隻。
一応、水中ライトもありますが、水深200mで底にべったりのヤリイカでは光が届きそうもなく、諦めてその日はPM9時就寝。
 
6時スタート。
実は、試し釣りをちょっとしたのですが、ちょうど網が入り、メバルは無反応でした。
やはり、メバルはダメ!
なので、これを付けました!
Kimg1633
 
生イザサ。
時期的に生キビナゴはまだのようです。
 
ガシラはボツボツ釣れますが、メバルの鈴なりが欲しい。
潮が流れてないのが一番の原因らしい
潮のあるポイントを探して移動。
263_172
 
E-感じ。
今回、同船者にはGARMIN HELMのアプリをとってもらって魚探画面を見ながら釣ってもらいました。
まず、中層でアジ。
そして、今日イチの大サバ。
Kimg1639
後半組がやっている間、裁いた刺身はトロで抜群の味でした。
私は、ソイ。
Kimg1640
他に、ハネ、アコウやウマヅラなど…。
豆アジも掛かり、そのまま落とし込んで大物期待…。
も、全くダメは過去の経験から察しがついています。
ベイトがイカナゴやからアジに見向きもしないのでしょう。
ウルメ鰯の反応発見!
すかさず、サイドビューで反応を見ます。
263_176
が、すぐに反応が消えました。
これを見る限り、反応は右から来て、左に行ったようですが、画面が上で見にくかったので設定を変更予定です。
 
潮が止まって、後半組の交代。
Kimg1641
 
やや、サイズは小さいものの美味しい沖メバルが入れ食い。
狙えばいくらでも釣れるのですが、一発大物が欲しいということで、ポツリポツリ釣れてくるアジを生け簀に入れ、残り1時間をヒラメ狙いに。
しかし、真昼の時間帯ではヒラメは望み薄。
冬の釣りなので、こんなもんですよ!ということで終了しました。
ソイ、アコウ、スズキ、マサバ、マアジ、マルアジ、ウマヅラ、沖メバル、黒メバル、ベラ。
サビキ仕掛けだけで10目釣れました。
 
Kimg1652

| コメント (4)

2017年3月21日 (火)

魚探のWIFI

今日は、GPSMAPの内蔵されているWIFIを設定してみました。

まずは、8ケタのパスワードの設定。

そして、映してみたいスマホやタブレットに「GARMIN HELM」のアプリをダウンロード。

スマホのWIFI設定からガーミンのWIFIを選んでパスワードを入力すると案外簡単に視れました。

この画像は家のソファーを要らなくなったGT-21でスマホに映した画像です。

14900972867210

スマホからも、リモコン操作ができますし、前席の釣り人にパスワードを知らせれば、魚探や地図の画像が共有できます。

防水のタブレットがあれば一番便利でしょうね。

1_000000001624

実は、このWIFI内臓機能が ¥14900のGPSMAP722XSにもついています。

タッチパネルだし、出力1KWだし、アンテナ内臓だし、2CPUだし、AQUAMAPより機能が充実しているのに格安です。

これからは、GPSMAPの時代ですね。

9インチの922XSだと縦のドット数が600で更に見やすくなるでしょう。

私の7410XSだと800ドットで更にサイドスキャンが付きます。

最近の魚探はデジタル化して、大船団では映らなくなるとか…。

GPSMAPには振動子がチャープじゃなくても、ブロードバンドの可変周波数内で混線しない周波数を自由に選べる設定もあります。

が、これはどうせ混線の周波数をスキップする機能があるので特に要らない機能です。

ブロードバンドは、真ん中の周波数から外れていく周波数は弱くなる傾向にあります。

 

とりあえず今週は職場の仲間と釣りなので、早速このWIFI機能を使ってみようと思います。

息子が買い替えで要らなくなったスマホを使えばよいかな?

 

追伸:スマホでスクリーンショットをとればイチイチSDカードの抜き差しをしなくて済みますね。

やり方は、音量ボタンの低と電源ボタンの同時長押しです。

ただし、ガーミンのWIFI設定中はWIFIでネットが見れません。

ネットを見るときは、WIFI設定のガーミンの接続を切る必要があります。

| コメント (0)

2017年3月18日 (土)

新魚探-深海釣り編

深海釣りでした。
狙いは、アカムツとキンメダイに絞りました。
Kimg1576
 
深海釣りは朝一と思いますが、今回は割とゆっくり出船しました。
沖は結構な陸風=花粉風で、ノーマスクのため、途中大変なことになりました。
Kimg1578
 
今回は魚探のテスト。
アクアマップの時は調子が出るまで1年掛かりましたが…。
まずは、久々のアカムツポイントから。
アカムツとしては浅めなので、GT-41の振動子からTEST。
183_174_2
GT-21と全く同じ。
タッチパネルでマニュアルズームは思いのまま。
これは予想通りとても便利です。
地図もカーナビと同じ操作方法でポイント探しが一発。
しかし、全くベイトの反応なし!
それでも、底にべったりのアカムツが釣れる場合があるので、天秤で釣ることにしました。
HIT!
不気味な外道ではない、良い引き!
ようこそ、アカムツと言葉まで用意していたのに上がってきたのはまあまあサイズのアマダイでした。
Kimg1575
続いて、まあまあのユメカサゴ。
Kimg1584_2
サイズが良いのは、釣り荒れしていない証拠。
続いて、今度こそアカムツ!
Kimg1590
アナゴでした。
この後、アマダイや外道が釣れ続きましたが、昼前になりアタリが止まり、アカムツの気配もないので、深いところへ場所変更。
振動子はGT-15に、仕掛けは胴付き10本針に変更しました。
このままでは、今回も本命なしで前回の二の舞。
思い切って、1年分ぐらいある航跡を全て非表示にして新規ポイントへ。
これが深海釣りの醍醐味。
GPS主体の釣りから魚探の釣りへ。
何か所か回って反応が出るポイント発見。
根の前にベイトの反応があります。
189ba97
 
HIT!
キンメダイと思って追い食い狙い。
頃合いを見計らって巻き上げ。
海を覗くと、何と!これは、もしかして?
Kimg1597
海のダイヤモンド、アカムツ。
最近は狙う船が多くなって、貴重品!
サイズもまずまず…。
上から3番目に食ってきました。
この後も釣れ続け、サイズUP!
浮いてるアカムツは大きいのが多いです。
外道も多彩、深場の定番ギスやら、ユメカサゴなど。
最後に金目鯛も来て、本命がやっと揃い4時までやって帰りました。
 
アマダイもやろうかと考えていたところですが、アカムツの外道で来るとは…。
春になり、これからが本番かな?
20170318

| コメント (6)

2017年3月11日 (土)

NEWエンジンNEW魚探試運転

沈没から2週間。
新しくしたエンジン、魚探の試運転のため、ホームグランドの泉南へ鯛釣りに。
 
Kimg1562
 
エンジンはチルトピンが違うのか、ちょっとスプレーが多いものの、調子は抜群!
魚探は、初めて使うのは嬉しいものの、戸惑うことも多いもの。
今回も、1日魚探をいじってました。
113_173
 
流石、GT-41。
少々の水深なら、しっかり底を捉えていますが、ソナーがわりに使うのはちょっと苦しいかな?
魚探とサイドスキャンについては、次回の記事でじっくりと…。
潮変わりに来た‼と思ったら、掛かりどころが良すぎたか、明らかに鯛のアタリだったのにハリス切れ。
30分後ようやくボーズ脱出。
Kimg1564
そこそこ引きました。
だんだん、だんだん…と反応が悪くなり、あちこち走り回るものの活性の良いポイントを見つけられず、終了間際、魚探をいじっている最中にHIT。
30㎝ほどの鯛を釣り上げて終了。
艤装を凝ると釣りが下手になるとよく言われますが、今そんな状態です。
 
後半は、釣りを半ばあきらめ、魚探のテストになりました。
やっと、操作に慣れてきました。
タッチパネル魚探はかなりいいですね。
これが、これからの主流になるのじゃないかな?
 
Kimg1569
 

| コメント (6)

2017年2月18日 (土)

ありがとう、200万アクセス

200万アクセス達成!
皆さま、ありがとうございます。
 
今回は、深海釣りです。
この前、10年間の深海釣りのDATAを調べてみました。
2月はあまり芳しくないのですが、昨年3月初旬にアカムツが釣れた記事から、だんだん妄想が広がって、行く前からもう釣れたも同然になっていました。
しかし、現実はそう甘くはなかったです。
前日から、サバの短冊を作って用意は万全。
瞼が下がって薄目同然で夜道の峠越えは辛かったですが、何とか5時間ぐらいの仮眠ができました。
Kimg1476
 
今回、バッテリーが心配なので、深場は割愛。
アカムツ・オコゼ・アマダイの順に釣りをすることにしました。
朝からシ~~~~ン。
結構反転流が流れていましたが、スミヤキやサバも居ないし、漁師もまばら。
マイポイントでじっくり粘るものの、小さなドンコのみ。
南へ下がると活性が上がるかも?
と、思ったら、ジギング船が2隻。
自分なりにここと思うNEW POINTでしばらく大流し。
少し南風が出てきました。
嫌な予感。
元に戻って絶対釣れる?お土産ポイントへ。
ゴン!しめた、と思ったら、ヒオドシでした。
Kimg1478
 
 
11時ごろから嫌な南風が追いかけてきました。
12時にはもうウサギが飛び跳ね、僚船のキートスさんが帰るのが見えたので、私も急いで引き揚げて。。。
とは、行かず、岸寄りからまたいったん沖に向かいましたが、やっぱりアカンわ!
と断念。
オキアミまで用意してたのに…。
携帯で予報を見ると昨日の時点では昼に無風だったのに、今日見ると風速9mになっていました。
諦めました。
キートスさんはクロムツやオコゼを釣っておられました。
こんなに早く風が強まるとは思ってもみなかったし、アカムツを深追いしすぎました。
 
Kimg1486
 
帰り道、道の駅で話をしていて、車のポンコツぶりをいじられておりましたが。。。
よく見ると、フロントガラスに30㎝程の亀裂が入っています。
車が悲鳴を上げているようです。
Photo
 
車検が通らないのは分かりますが、車検をしたばかり。
まだいけるのでしょうか?

| コメント (6)

2017年2月12日 (日)

寒鯛

今年は、冬型の気圧配置が長続きします。
久々に土日休みでしたが、両日天気は冬型。
しかし、直前になり、日曜日の天気がやや回復。
万全の防寒対策をして出かけました。
その一番の防寒対策がボートにフロートを着けること。
少し朝の出船は遅くなったものの、ほとんど波をかぶらず快適でした。
まずはマイポイント。
反応はまずまず…。
スクリーンショットを撮って、二重の手袋を外し、しかけを準備して下し、自動で巻き上げてるときに、何と!竿が曲がりました。
ギュ~~~~ン!
Kimg1461
 
まだ、手袋もそのまんま。
ぎりぎりモーニングサービスに間にあいました。
 
朝は、こんな感じの天気です。
Kimg1464
 
まさに鉛色の海。
この後、シーーーーーーン。
スミイチかな?
大流し中、ギュ~~~~~~~~~~~ンでサイズUP。
目標2桁から5匹に下方修正。
鯛は確実にボートの下に居るんだけど…
 
20170211_0723_00 20170212_1034_00
風裏ポイントの宿命。
毎日、仕掛けが下りてるわけで、どうしてもスレて食い渋ります。
風が強くてポイントが限定され、この潮の最後まで爆釣ポイントを見つからず終了。 
 
水温的に下げ潮ではもっと苦しいだろうなと目標を3匹に修正。 
何と!水温が1度以上下がりました。
定番ポイントは底にベイトの反応が少しあるだけで鯛は無。
 
20170212_1207_0020170212_1232_00 20170212_1412_00
 
わんどになっているところは少し水温も高いのですが、流れが緩くて、食い渋り。
こうなっては、もうお手上げですが、知っている限りのポイントをはしごして納得。
こりゃあダメだ!
 
Kimg1466
 
午後から日差しもあり、案外暖かかったです。
久々に、神経抜きで魚を絞め、ボートを片づけた後、ゆっくり遅めのランチを食べ、夕食に間に合うように帰ってきました。
 
20170212
 
ラーメンを食べて暇を埋める一日よりかはマシでしたね。
来週は、1週間仕掛けが入らないので、食い渋りも解消するでしょう。

| コメント (2)

より以前の記事一覧