2017年7月17日 (月)

海の日の釣り

今年の関西の釣り番組ではタコエギ釣り特集のめじろ押しでしたね。
四季の釣り、ルアルアチャンネル…。
釣具店でも、一番いいところに船タコ&タコエギの特設コーナー。
タコエギの経済効果は数億円?
ゲーム性があり、ボーズ少なく、食べて美味しい。
しかし、昨年から、それまでみなし許可されていたタコも禁漁の対象とする動きが…。
夏場以外と、海の日は、タコ釣りをしても良いということで、今回出かけました。
タコは潮止まり前後を狙うもの。
朝一、地合があると思って早々に出船したものの、すでに潮はガンガンに。
どうも、釣りづらく、ポイントも分からず、自信喪失。
スパンカーをつけ、操船してなるべくボートのスピードを2㎞以下に抑えて、誘いをかけると遂に…。
タコエギの場合糸を立てて釣る方がよいですね。
201707172
他のエギも使いましたが、今回は全釣果が蛸壺ノックでした。
誘いをかけるとグンッと乗って竿を煽って掛け合わせる。
確かにタコエギは楽しい釣り♪ですね!
潮最速と思っていた時間帯が潮が緩み始めで、そのタイミングで地合がありました。
どうも、いつもアカン理由の1つは当地の潮が読め切れていないのがあるようです。
規定数をオーバーしたので、ポイントを移動。
予定では、カツオと同じ9:30揚がりでしたが、1時間延長して10:30揚がり。
ゲームフィッシングを堪能しました。
Kimg2226_2

| コメント (6)

2017年7月15日 (土)

カツオ

黒潮の申し子、カツオには釣りロマンがありますね!

フル高速で結構な経費を掛け、今年2度目のカツオ。

GWのケンケン鰹はほとんど回遊がなく、見事ボーズ。

完全フカセで狙うカツオを心待ちにしておりました。

3連休前、絶好のタイミングで始まったようです。

しかし、好事魔多し!

夜中に雨が降り、ボートに入れてあった電動ポンプが水没。

ゴムボーが使えないアクシデント。

ちょっとうねりが出る予報でビビりながら出船。

Kimg2146

う~ん、ギリギリ。

引き返すことも考えましたが、GO!

Kimg2160

完全フカセ流し。

このポイントでは3年目。

1年目はエサ取りに翻弄されボーズ

2年目潮ない中1本。

3年目の今年こそ!

黒潮は速くなったり遅くなったり、岸に寄ったり、沖に出たり、まるで生き物のように絶えず流れが変わっています。

カツオは、まだ、オキアミに着かず、ベイトを追いかけ、後半やっとオキアミに着くパターンらしいです。

これだけ天気が良いと午後から南風が吹くはず…。

それまでに釣らねば!

ジャ~~~~~~~~~~!

Kimg2173

気持ちいい~~~~!

先週の鰤より嬉しかったかも?

意外と早い時間帯に釣れました。

この後、なぜかリールがパーマしてグジャグジャになり、うねりの中復旧に30分掛かりました。

復帰即ジャ~~~~~~。

で、2本目、3本目とGET。

3本目のタモ入れ時、釣り船の船頭が焼きもちを焼いたか?

あっちへ行け!

漁業権設定エリアでもありませんが、ゴムボーなしでこれ以上海が荒れると困るので、今回はこのぐらいにしといたるわ!

と、早帰りすることにしました。

Kimg2179

9時半上がりです。

オキアミ1枚でも余りました。

夏は、朝のみの釣り、これが気持ちいいですね。

裁くと、腹には鰯が一杯、これは味も期待できそうです!

Kimg2182

 

| コメント (6)

2017年7月 8日 (土)

11.26K

今回の釣りは、落とし込み。
地元泉南では、先週から、本格的に鰯が入って、ヒラメやアコウ、鰤が釣れているという。
毎年バージョンUPしている?落とし込み仕掛け2017年バージョンをタックルBOXに入れいざ出陣!
Kimg2096
 
今回の狙いは青物、できれば鰤。
鰤が回遊しそうな鰯の付き場を探しました。
やっと、発見!
087_171_3
早速、鰯が付いてビリビリ…。
ここからアタリが遠いことが多いのですが、ゴンゴン!
Kimg2098
チャリコGET。
このあとも、チャリコ2つと小アコウを追加して、モーニングサービス終了。
ここから、なが~~~い沈黙。
大潮なのに全く流れない。
想定より1時間ほど遅れてやっと潮が行き始め。
前あたりの後誘うとグ~~~~~~~~~~~ン!
どんどん潜って、水深の2倍以上糸が出ました。
昨年の鰤は横に走りましたが、今年のはしぶとく潜り、とにかくよく引きました。
根ずれの心配はありましたが、例によってこちらも動かない持久戦。
20分後?やっと疲れてきたようで、少しずつ巻いていって魚体を見るとビックリするほどデカイ!
測ると1m!
やっと、メーターの鰤GETです。
ハリス6号で獲れました!

Kimg2110

 
この後、小物を釣る気になれず、かと言ってもう1匹も必要ないので、大鯛狙いで、昨年バージョンの仕掛けでやるもガシラを追加したのみで、早々に帰宅しました。
まだ一度も活躍していないスケール。
持ち上げて量ると「11.26Kg」
10Kg越えは初!
ほんまにデカイです。
 
Kimg2135
 
しかし、鰤は写真で大きさを伝えるのが難しいですね。
やはり、鰤持ちする必要があるのでしょうね。
集合写真は、鰤の尻尾を切ってクーラーに入れたため合成写真です。
201707081

| コメント (4)

2017年7月 2日 (日)

半夜釣り

兼ねてから温めていた、日本海のイサギ&剣先イカのプラン。

日本海のイサギは和歌山とは別の個体と言っていいほど味が抜群です!

剣先イカも味はイマイチも引き&駆け引きが楽しいこの時期ならではの釣りです。

贅沢に両方味わおうという作戦。

家を10時に出て3時出船しました。

見渡す限り、1隻の船も居ません。

これは、チャンス!

クイックドローで、地図作り。

017_171_2

昨年発見したポイント。

昨年分と2往復でだいたい完成!

どこに掛けたらよいか一目瞭然。

Kimg2033

ウキ釣りから。

うねりで波があるため、錘を軽めにしてウキを大きく見えるようにしました。

スポツ!

初回からHIT!

Kimg2021

鯛。

2回目、イサギ。

ここから、藤井四段並みの連続記録!

Kimg2030

ほぼ全てジャンボイサギ。

Kimg2038

いいグレだけど、味はイサギには敵わないので、リリース。

グレの後、やっと、連勝記録が途切れて、思案???

どれくらいで止めるか?

とにかく、完全フカセに変更。

またも、初回からジャ~~~~~~~~~~!

かなりスカッとします。

更にサイズアップ。

Kimg2046

写真じゃなくて、ジャーーーーーーーーの動画を撮ればよかったかな?

5匹釣って、やめました。

写真では分かりにくいですが、かなりのボリューム。

Kimg2048

ゆっくり道具等を片づけ、いざイカ釣り場へ。

昨年釣った場所で釣ることにしましたが、ここで想定外の出来事。

漁火が遠い!

これはアカンかも?

017_174

ベイトの集まりはよくてもイカが居ない!

8時の時点でようやく2杯。

しかし、ここから粘りました。

017_175

10時ごろをピークにイカが寄り始め、ポツポツ釣れ始め。

11時までにお土産を確保したので、月明かりがあるうちに戻ることにしました。

これだけ釣れれば、十分ですね。

行って正解でした!

Kimg2051
Kimg2080

| コメント (4)

2017年6月24日 (土)

金アジ

体調が思わしくなく、近所で釣行。

今年は、タコはダメだけど、どこもマアジが良さそう。

いつものように潮に合わせてゆっくり出船でも良かったのですが、鰯の様子見で朝一からにしました。

246_171

浅いところで反応はあるものの大きな魚は着いていないようでした。

結局、すぐにあきらめアジ釣り開始。

246_177

相変わらず、反応は上づり傾向ですが、いい感じ。

ただし、流れが緩やかすぎ!

苦手なアジ釣りの一番の原因は、誘わない誘いに違いないと、今回は積極的に誘うことにしました。

誘った直後にHIT!

Kimg2014

サイズはイマイチでしたが、美味しそうな金アジでした。
このあと、トツカアジも釣れましたが、ここはイマイチ!と判断。
第2ポイントへ。
1匹GETも気になる第3ポイントへ。
このあとまた第1ポイント、第2ポイント、第3ポイントと移動移動で落ち着きなく、釣れない理由をポイントのせいにする悪い時のパターン。
しかし、第3ポイントで、渋い中自分なりの誘いがはまり、周辺があまり釣れない中3連続HIT。
 
タコ・キスの失敗を多少は反省し、腕が上がったかもしれません。
昔はこれで、釣れたのに…は、船が多くなった今では通用しませんね!
 
今回、何とか2桁達成!
誘う釣りが有効となれば、まだまだタックルや仕掛けを見直さないと…。
しばらく、試行錯誤します。
Kimg2015_2

| コメント (6)

2017年6月21日 (水)

キス釣り大会参加

キス釣り大会に参加してきました。
肩こりを押して前日夕方4時到着。
しばらく、もたもたしましたが、エイやあ!で出船。
第1ポイントは、入れ食いでしたが、ピンギス団地でした。
結局、みなさんが試し釣りをしているところで、バタバタっと良型が来たので、ここで釣らせてもらうことにして終了。
Kimg1996_3
 
大会当日。
 
Kimg0032 Kimg0034
絶滅危惧種・ミニボートが120艇ほど集まりました。
Kimg0044
 
6時開会式。
まるでバス釣り大会みたい…。
スタートで、15馬力にものを言わせ、一気にポイントへ。
バスプロのように立って、釣りを始めますが、前日と違って、潮・風なし。
ピンギス中心で狙いの重量賞入賞はこのままではダメ!
一か八かでピンギス団地へ。
更に小さなピンギスに変わっていました。
もう1度戻って今度はキスの大物賞狙いで、石ゴカイ1匹掛け。
やっと、24㎝!
Kimg1997_2
 
きゅうりは、前日停泊中Sさんに放り込まれた物!
仕返しに投げ返してやりましたが…このままでは終われな~~い♪
残り1時間。
これだけは、やりたくなかったけど…。
タックルボックスの奥に入れてあった鯛ラバに手を付けました。
外道賞狙いです。
節操のない悪あがきもむなしく11時STOP FISHING。
結局、近くで釣っていた人が全て入賞。
私は蚊帳の外でした。
私の場合、濡れ手に粟のようなポイントがあれば別だけど、腕がないのでしょうね!
今考えれば、動きの良さが売りの石ゴカイを切って使っているようじゃねぇ。。。
 
ドローンが来て撮影。
Kimg0045_4
 
今年で24回。
Kimg0071_2
田原社長。
私より10歳は年上。
まだまだ、元気に一人でミニボート、そしてこの盛大な大会を運営しています。
私も、まだまだミニボートをやり続けたいと思います。
来年は、リベンジしますよ!
この記事も粘りに粘ってやっと完成しましたよ~!

| コメント (4)

2017年6月11日 (日)

タコすべり

土曜日は、父の法要、日曜日は釣りでした。

ほぼ1年ぶりのタコ。
もっとやりたかったのですが、タコ釣りが急激なブームとなってプレジャーボート遊漁船が増え、地元漁業から漁業権侵害で罰せられるという話があったからです。
第1種漁業権区域では、定着性の強いアワビやサザエ、イセエビの他にタコも規制の対象になるという。
イカはOKだけど、タコはOUT。
しかし、第1種漁業権区域でなければ、釣りはOKのはず…
初期は岸から相当離れたポイントでも釣れるので、今回行くことにしました。
Photo
これは、ガーミンのパソコン用のホームポートですが、GPS魚探の地図でも同じのが見れます。
岸近くにある点線で囲まれたエリアがタコ釣り禁止区域ということになります。
ここを避ければ、OKのはず…
Kimg0023
去年もこのポイントでやって、まだ1年以上前の航跡が残っていました。
これを頼りに釣りをしたのですが、1年前と潮もタコのパターンも違ってシ~~~~ン。
偶然出会ったいけやんさんはモーニングサービスで両手近く釣ったそうで、他の釣りにスイッチされていました。
昔からタコ釣りは下手で、タコ餌木に変わって行けるやろうと思ったら全然です。
大型の釣り船もあちこちポイントを移動でいかにも釣れてなさそう。
この時期なら、どこかにタコが沸いているポイントができ、船団ができるのですが、どこもまばら。
海全体を見回すと、あることに気づきました。
誰も、禁止区域に入って釣りをしていない。
見事にそれを避けるかの如く散らばっています。
今日の爆釣ポイントは、多分このエリア内にあるのでしょうね!
サラダを食べて、竿を休めているとき竿が曲がって、根掛かり?
ゆっくり上がってくるので、やっぱり石&わかめと思ったら、タコも掛かっていました。
この1杯のみ。
タコを乗せるタイミングを作れなかったため、この1杯のみだったのでしょうね。
最後は、対岸近くまで行きましたが、むなしく雨に打たれSTOP FISHING。
 
しかし、ここからもう1地合ありました。
最後の最後でタコGET。
それは、いけやんさんが半分くれたからです。
ああ、情けなや。
マクドで反省会をして帰りました。
このタコ釣りに関し、憤懣‼‼はありますが、明日もう一度じっくり考えたうえでUPします。
 
Kimg0028

| コメント (2)

2017年6月 3日 (土)

鯛&鯵

深海釣りか悩みましたが、釣り船で鯛が爆釣のようなので、2週連続泉南にしました。
今回は、朝一から。
036_171
先月のボーズでも来たポイント。
反応が全然違います。
先週の状況から、シラスベイトと判断。
それなりの仕掛けを用意して釣り開始‼‼
いきなりHIT!
型は小さいながら、噂通り爆釣の予感。
ところが、穂先に絡んだPEをしゃくって外そうとしたら、プチッ。
高切れに人間もプチッ。
ここから、しばらく反応が良いのに掛からず…。
地合には2種類ありまして、1つは魚の地合で、もう1つは人間の地合。
これが悪かった。
1時間ほどで1枚小さいのを追加したのみでその後、何とか立て直して6枚。
オオアジ釣りに変更して気分よく早帰りしよう!と先週のポイントでしばらくやってみましたが…。
潮がすでに緩くパス。
ガラガラの夏のポイントはス~~~~~!
で、大船団になっているポイントへ。
 
Kimg1974
反応あり!
これなら、大船団の中でも釣れるかも?
目下地図作成中。
サイドスキャンで底質がある程度分かります。
上の鯛ポイントはゴトゴト、下はベタ。
036_172_2
 
なぜか周りで釣れるのに鯵は私のボートを避けて焦りました。
前回は、良かったパターンがこの日は通じない。
”IT'S FISHING”
サビキが短い方が良かったのか、誘いを大きくすれば良かったのか、あれこれパターンを試す間に地合終了。
失意のまま、しばらく逆の潮もやりましたが、諦めて帰りました。
 
釣り船の釣果をみると、どの船もこの日は1,2匹!
結構釣れたのに????
ちょっとだけ、自信回復。
1つの潮でリレー釣りはやはり無理がありましたが、2週連続同じ釣りはしたくなかったので、これで由。
写真が変なのは、跳ねたしぶきがカメラのセンサーに掛かったようです。
鯛を1つ裁いて、コンディションを確認。
ほんのり脂なので、4匹リリースしました。
 
20170603

| コメント (2)

2017年5月27日 (土)

再チャレンジ

通勤帰りに、スティーブ・ジョブズの本を読んでいたら、どうにも止まらなくなりました。
土日天気が良いのに、釣りに行かなかったら、どういう精神状態になるかテストするのも一興?と目覚ましもかけず、午前1時就寝。
翌朝、やっぱり気が変わって、下り潮だけ釣りに行くことにしました。
6時半出発7時前帰宅、まるで通勤と同じ時間帯でした。
2週前のリベンジで大アジ狙い。
ここかな?と思うポイントで大船団。
 
Kimg1949
これと言う漁礁もなく、大流し場。
F.MAXで氷と一緒にオキアミLと¥500UPのサビキを思い切って購入。
前回のポイントと違って底にもポツリポツリと反応が出ます。
シラスベイトの想定で、疑似は封印し、¥500サビキで勝負!
まだまだ潮が緩い中HIT!
Kimg1951
 
久しぶりやね!と声をかけ、生け簀へ。
275_174
流している間、ほとんどは無反応。
たまに、上層・中層・底に反応が現れますが、反応に関係なくアジは食います。
(中層は多分鯛です!)
魚探の反応無関係、地形も平凡な中、我慢して魚を拾っていく釣り。
一番苦手なパターンです。
が、この日は周りに釣り負けすることなく、数が増えていきます。
¥500の投資が成功したようです。
2千円のインターラインのメバル竿も効果抜群、食いが渋った地合いで2つバラシたのみでした。
もう十分でしたが、潮が引きすぎて揚がりにくいので、続けました。
あとは、仕掛けを自作鯛サビキに変えて、クイックドローの地図エリアを広げながら、鯛を狙いました。
しかし、釣れるのはアジ。
終わりごろ反応が良くなったので、もうちょっと粘れば鯛が釣れたかも?
 
2794f48
 
数えてみると18匹。
サイズも申し分なし。
あとはラードがどうかな?
全部裁いてみたところ、
スーパーラードアジ2匹、まあまあ4匹、ほんのり4匹、残りは抱卵してイマイチでした。
胃の中は小さなシラスで一杯でした。
もう少ししたら更に美味しくなるでしょうね。
 
20170527

| コメント (4)

2017年5月21日 (日)

やかましい船

悩める5月を見直すべく、リサーチした結果が、今回の剣先イカの夜釣りでした。
土曜日午後から、渋滞や法定速度順守トラックなどに行く手を阻まれながらも、何とか日没前に出船。
Kimg1912
ボーズ後の釣りで不安の船出でしたが、思っていたポイント近くですでに船が場所取りのためにアンカーを入れていました。
これは期待大!
プロから少し離れ、しかも近くに根があるポイントが空いていたのでアンカーを放り込みました。
夕方から、釣れるパターンもありますが…。
Kimg1916
 
小型のアコウが釣れ、まずはボーズ解消。
そして、陽が落ちました。
1
 
少し離れているとはいえ、日本海の釣り船の明るさは規制がないので、半端ないです。
しかも、プレジャーが2隻近くに掛けてきて、ライバル多し。
とは言え、ここが釣れている証拠。
あとは、水中ライト1個&安物バッテリー1個でどこまでできるかな?
 
ゴールデンタイムである日没はシ~~~~ン。
暇ですが、数キロ離れている乗り合い船から、船頭さんのマイクの声。
「棚を広く探ってください。」
「電動リールの黄色のスイッチを押して、ゆっくり誘ってください。」
など、参考になる情報がないかと耳を澄ませて聞いていました。
一向に釣れている様子がありません。
8時半ごろ、釣れ始めたか船頭のテンションUP!
「バレますよ、慎重に!」とか、「底を丹念に探ってください!」とか、「〇〇さん、W」…
更にテンションUP。
「お父さん、頑張って。。。。やったね!」
アタリは途絶えますが、客のやる気がでるよう励ましていました。
私はと言えば、同じタイミングで
Kimg1922
 
釣れるのは釣れますが単発。
40分に1杯ペース。
やはり、明かり負け?
やかましい船頭さんもしばらく沈黙。
そして遂に「今からアジをやります。お土産を確保したら残り1時間はまたイカをやります」的アナウンス。
このあと、「ヒット!」「はい、W、トリプル…」…
でテンションUP。
私も迷いましたが、お土産確保はやめました。
一度中アジがスレ掛かりして取り込みでバレましたが、もぞもぞのアタリが頻発していました。
表層ではピチャピチャ音を立てて、小アジが跳ねていました。
早めに切り上げて、翌朝ノマセしたら爆釣でしょうね。
プレジャーは帰りました。
新しい群れが入ったか?
1杯GET。
今まで底か表層しか食わなかったのに、中層でそれも巻き上げ速度を速めた時に来たので、もしや?
と、静から動の誘いに変更!
「ハイ、連続HIT」「ハイ、W」(心の声)
瞬く間にツ抜け。
やかましい船もお土産釣りからスイッチしてマイカが釣れ出した模様。
そして、減光。
「ありがとうございます。終了です。」…
走り出してもマイクを離さずしゃべり続けていました。
笑ったのは、港に着いてなおもしゃべり続けていたこと。
港に着いたら、マイク要らんのとちゃう?
本来なら、月の出ない真夜中、恐怖と闘いながら釣るのですが、おかげさまで楽しませてもらいました。
船頭さん、何と着いてすぐ客を入れ替え、深夜便でまた同じポイントに掛けまた元気にマイクでおしゃべりを続けられました。
十分堪能したので、闇夜の中、超スローで帰港。
イカをクーラーに入れるとあまりに美味しそうで、明日妙な魚を釣って、イカを下敷きにしてしまっては元も子もないと判断。
船を揚げ現地で車中泊、早朝ドライブを楽しみながら帰ってきました。
 
20170520
 
水中ライト1本で勝負になることが分かりました。

| コメント (4)

より以前の記事一覧