« ボーズ | トップページ | 食事瞑想 »

2018年1月17日 (水)

オーバースライダーの修理

最近、ボートの撤収がつらい。
プレジャーボートも考えたけど、遠征の釣りが激減しそうだし、維持費が掛かる。
トレーラーにボートを乗せることも考えたけれど、家のガレージにうまくバックで入れる自信がない。
結局、いつものようにぶれにぶれて、とりあえずは、オーバースライダーの修理をすることにしました。
日曜日の夜に注文を入れ、今日代引きで購入。
 
Dscn1023
結構費用が掛かりましたが、このアルミパイプの肉厚が2㎜から3㎜になっていました。
ここが一番の弱点だったので、これは良い買い物をしたと思います。
Succeed4_1
これは、製造元の写真の引用ですが、黄色の部分の交換です。
アルミパイプを今までより20㎝長いものを購入。
てこの原理で20㎝分軽くなるし、表現しにくいけど、黒の三角形の部品もガタが来てこれも、持ち上げる負担増につながっていたので、これでボートを積み上げる負担は軽減されるはずです。
ボートを片付ける際、力が居るのは3つ。
①60㎏ほどあるエンジンを外して積み込む。
②ボートをひっくり返してオーバースライダーに乗せる。
③オーバースライダーを使ってカートップする。
この中で一番力が必要だったのは③で2度ほど気を失いかけましたし、これをやった直後はろれつが回らなくなることもしばしば。
今回の修理で多少は楽になるかも?
取り付けには、リベッターが必要で、今日アマゾンで¥1399で買いました。
もっと前に買って修理に使えば、ここまでぼろくならなかったのにね。
しかし、使ったことはないし、いつもそうですが、そんなにうまく作業は進まないでしょう。
もう1回使った後の日曜日、作業の予定です。
 
しばらくは、オーバースライダーでやりますが、いずれは、プレジャーかトレーラーの必要性が出て来るでしょうね。
今の弁慶型の重量級カートップボート購入に踏み切るにも2年ほど悩みましたからね。
今回の修理の具合で、じっくり考えていきます。
しかし、間違いないのは、ボート釣りは体が動かなくなるまでやります!

| |

« ボーズ | トップページ | 食事瞑想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ボーズ | トップページ | 食事瞑想 »