« 坊主 | トップページ | 電動リールのコード »

2018年2月26日 (月)

今日は何の日?

イカナゴの解禁日です。
解禁日は、色々な調査から決められます。
さて、イカナゴのくぎ煮を作ろう!という話ではありません。
 
釣果に影響が大きい上に、味にも大きく影響します。
今年の調査では…
Ikanago
史上最低と言われた昨年は…
Ikanago2
平年はどの程度かと言えば…
Ikagnago2_2
平年の10分の1以下。
しかし、今年はちょっと違いが…。
大阪湾にイカナゴが多い。
これは、今年は寒さが厳しく、強い北西風がよく吹いて稚魚が流れ込んできたせいだと思われます。
昨年は、全くなかった乗っ込み鯛があるかもしれませんし、味もいいかもしれません。
イカナゴが減って来た理由は、人間の乱獲だけではなく、ハマチや鯛の影響もあるのでは?
近頃のハマチは多すぎ!
養殖のハマチがサーモンなどに押されて不人気で、ワカシ漁が減ったからと言われています。
明石方面では鯛の放流事業も盛んで、これら人間の都合でイカナゴの敵が増えた可能性があります。
イカナゴは減っていますが、イワシは増えているようで、今でもサバやアジが釣れているのはこのシラスのおかげかもしれません。

| |

« 坊主 | トップページ | 電動リールのコード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 坊主 | トップページ | 電動リールのコード »