« 宝運丸 | トップページ | 防災 »

2018年9月 6日 (木)

宝運丸Ⅱ

今度は、北海道で大地震。

なぜか、4時ごろ起きて、そのままTVにくぎ付けでした。

今年夏、釣り旅行に行って心洗われた思い出の地北海道でこのような地震が起こったことは他人事とは思えません。

旅行の際お世話になった方、特に撤収の際お世話になったご家族の顔が浮かびました。

今年は、何と、天災の多い年か!
北海道では一時的に全域で停電が起こったとか。
阪神淡路大震災並みの震度だったようです。
 
これも、気になる話ですが、近畿ではまだ台風21号の被害で苦しんでいる方が居られます。
まだ、電気も通らず、お風呂やトイレにも困るという…。
そして、まだこだわりますが、未だに会社からの謝罪事情説明がない宝運丸の件です。
 
8000人以上関空島にいた人を足止めにし、関西の経済にも大打撃を与える大迷惑になっているにも関わらず、関空島にいた人より早く救出された乗組員や責任者はコメントさえ差し控えているという。
これによると、保安庁は衝突する45分前から走錨に気づいて、注意をうながしています。
これだけあれば、何とかできていたと思うけど…
保安庁が例のごとく、執拗に事故について調査するでしょうから、憶測はやめて調査結果を待ちます。
もっと、追及して書きたいことはありますが、今日は北海道の地震があり、ネガティブな内容を削除します。
 
台風があった帰り道、自転車で帰途に就く際、たくさんの方が街頭に出て掃除をしたり、お互いに励ましあったりと、ほのぼのとした光景をたくさん見かけました。
流石、日本人!と思いました。
オチは、いつも”人間は自然を前にしては無力”なのですが、
日本人は、今までその自然と向き合ってうまく調和して過ごしてきました。
これからも、震災天災は起こるでしょうし、被害も出るでしょうが、日本人にはそれを乗り越える力が備わっているように思います。

| |

« 宝運丸 | トップページ | 防災 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 宝運丸 | トップページ | 防災 »