« ボートの補修 | トップページ | FRPの補修・続続編 »

2018年11月16日 (金)

FRPの補修続編

昨日は、ブログを書きながら寝てしまいました。

疲れがたまっているようです。
 
さて、予報がええ方に変わって、土曜日は出船できる天気で、餌や食料は買って家路につきました。
しかし、Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン
補修し終って朝塗ったトッポコート(上塗り)が垂れてる!
まさかと思って触ったら、まだ拭き取れる!
またまた、Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン
急いで、ウェットティッシュを出して、拭き取っているうちに通勤用の服に塗料が付着!
更に、Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン
よくよく考えてみると、まだ乾いてないから明日は無理やん!
と、なりました。
 
昨日の続きから話を戻すと…
FRPの修理に必要なもの。
プライマー(FRPが上塗りしやすくするために補修の前に塗る塗装)
ポリエステル樹脂
硬化剤
FRPクロス
トッポコート(上塗り)
です。
結局、ポリエステル樹脂と硬化剤は新しく買い直し。
更にトップコートが3千円以上してちょっと悩みましたが、一度家へ帰ってもう一度思い直して購入!
Dscn1249
他も修理したいところはありましたが、船底の補修に神経を集中。
割りばしで、丸く切ったクロスを船底に貼り付けて一日置き、もう一回り大きいクロスを貼り付け。
Dscn1250
そして、今朝ちょっとだけ早起きしてトップコートを塗ったのですが、乾かなかった!
Dscn1254_2
残念でしたが、このトップコートは買って正解!
他の傷でむき出しになったFRPにも塗れました。
ずっと、海水につけているわけではありませんが、塗料の剥げているところからFRPの腐食が進むという話を聞いたことがあります。
主に船底の角にあたる部分です。
ここに塗った塗料が垂れてきたのを帰宅後見つけて、Σ( ̄ロ ̄lll)ガーンが3回あったわけです。
Dscn1252
まあ、いい修理ができました。
いつも通りの艤装で見た目は更に悪くなりましたが、気にしません!
 
さて、なぜボートの底に穴が開いたのか?
力がここにかかって穴が開いたのならまたなってしまいます。
しかし、多分、北海道の釣行の際、無理やり段差があるところを波の上下動でガンガン打ち付けられた時になったものと思われます。
あの時の苦しい光景がよみがえってきました。
今思えば、チェーンブロックで上げとけば良かったなあと後悔してます。

| |

« ボートの補修 | トップページ | FRPの補修・続続編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ボートの補修 | トップページ | FRPの補修・続続編 »