« 鳴門へ | トップページ | 週末は大荒れ »

2018年12月 4日 (火)

ボート大修理計画

さて、ボートの水漏れ問題。
今年、大きい事件事故はなかったものの、地味ながらややこしい問題がよく起こりました。
なぜ、水漏れするのか?
船底に穴は開いてない。
考えられるのは、生簀の穴。
船底に穴を開けスカッパーを取り付けするシステム。
生簀の底板は、船底と生簀の二重になって、この隙間に海水が入り込んだと考えられます。
実際、生簀の横の空気室に毎度海水が入り込んでいました。
アカシヨット、弁慶のボートの多くが、この症状があるようです。
ついに、前の席から水を後ろにする通り道に水が浸入するようになったのでしょう。
さて、どう修理するかです。
穴の通り道をコーキングで埋める。既に水が回ってコーキングが効かないでしょう。
生簀の穴を船底から埋めてしまう。まあ、廃船するよりは、マシかな?
生簀の穴を大きくして一重底にしてから、スカッパーを取り付ける。大工事になるけどこれかな?
ダメもとで、スカッパーの上から、FRPを貼り付ける作戦てやってみます。
プラスチックにFRPは、無理があると思うけど、水の浸入さえなければ、いいかなぁ。
一時は、廃船して買い替えを考えましたが、プレジャーボートと二刀流でやりたいので、資金温存です。
今までも、見栄え気にしない乱暴なやり方で何とかしてきたので、まあ、頑張ります。
どなたか、いい方法があったら教えてください。

| |

« 鳴門へ | トップページ | 週末は大荒れ »

コメント

自分の22フィートの船も浸水がひどく悩みました。
まず陸揚げして、水を船の内部に大量に入れ、漏れて来る場所を特定しました。

この時に絵具を溶いて分かりやすくするのがコツです。
結果は、いけすのスカッパーを付ける時に開けた穴からでした。
FRPを貫通させたため、積層の部分から横側に浸水していました。
シリコンコーキングで念入りに塗り込むことで浸水は止まりましたよ。

投稿: 山田太郎 | 2018年12月 5日 (水) 18時48分

山田太郎さん、
ありがとうございます。
プレジャーでもあるんですね。
多分、同じパターンですね。
スカッパーが一旦外せないかと思っています。

投稿: ロシナンテ | 2018年12月 5日 (水) 21時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鳴門へ | トップページ | 週末は大荒れ »