« 南岸低気圧 | トップページ | 冬のアジのベイトは »

2019年1月12日 (土)

冬の小潮

さて、初釣りは地元にしたので、今度こそは淡路と決めていましたが、段々と決断が鈍り地元で、太刀魚とアジ中心に冬の五目釣りに挑戦!

潮がほとんど上げ潮で、アジをどこでやるかですが、ちょっと腹案アリ!

さて、まずは、太刀魚は初ポイントでやることにしました。

思っていたポイントに釣り船も2隻だけ居たので、一安心。

Dscn1325

小ぶりながら、許容範囲のサイズ。

いつもの二刀流でコンスタントに釣れました。

最初は、三段しゃくりに分があったのですが、段々と荒れてくると波に揉まれて揺れるアオリしゃくり竿のゆっくり巻きが断然アタリが多くなりました。

Dscn1326

風は限界ギリギリ、更に予想より早く雨が降り始め、冬の冷たい雨に打たれ続け、指先をはじめ全身が凍ってきました。

とりあえず、持ってきた100円の鰯3パックまで我慢。

腹案のポイントまでゆっくりボートを進めました。

やはりなぁ!

反転流が流れています。

流れと反応を確かめつつ、サビキをセット。

201901121

風も緩みました。

ギュ~~~~ン!

信じられない。

久々に大きなアジを釣り、小躍りする喜び!

Dscn1327

小さいのを2つ追加した後、途中まで竿を立てられない引きがありましたが、何とPE切れ。

インターラインのロッドで収納中傷んだものでしょう、完全MANエラー!

こうなると精神的にもろく、しばらく沈黙が続きましたが、潮最速の時間帯に潮の向きが更に良くなり、そこからポツポツ。

そして、再び竿が立てられないアタリ。

ハマチ?と思ったらオオアジ3連で久しぶりの2桁突破。

あとは、十八番の潮で鯛を狙い撃ち。

あまりに反応が良くて、ちょっと行くのが遅くなりました。

しかし、そのおかげでサバGET!

これで3目になり、急いで鯛ポイントへ行くことにしました。

途中で船団があり、一応覗きましたが、鯛の反応がないので、素通り。

後で聞くとサバが入れ食いやったとか…

まあ、思うほど潮が行かず苦労しましたが、何とか鯛をGET。

201901122

五目はなりませんが、銀・青の中の赤は写真も料理も映えますので、これはこれで良かったです。

5bfba20b8d00481e91a0799146b48fb0

年末のぼうずと同じ潮。
ちょっとは学習して今回はうまくいきました。
アジは脂のノリも最高!
さて、ここまで活性があがる要因となったベイトって何か分かりましたが、次回にネタを伸ばします。

| |

« 南岸低気圧 | トップページ | 冬のアジのベイトは »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 南岸低気圧 | トップページ | 冬のアジのベイトは »