2018年5月 1日 (火)

オーバースライダー修理完了

オーバースライダーの修理をしたのが、2月3日。

 
こんなに早くダメになるとは。。。。。
今までのは2年ぐらいもってまだまだ使えていましたが、なぜこんなに早くダメになったかと言えば…、
楽に上げられるよう、バーを長くした分、荷重がかかるようになったから。
前回はアルミパイプの中に鉄筋を入れていたのも効果があったかな?
昔に比べ、肉厚が1㎜増していたので、いけると思ったのですが、こんなに早くダメになるとは…。
アルミパイプにちょうど16㎜の鉄筋が入れることに。
Kimg0559
グラインダーでちょっと削って入りました。
後は、パイプにこれを突っ込んで接着剤で固定するだけ。
奮発してエポキシ系にしました。
これなら、すぐに固まるし、固まっても体積の収縮がない、ものすごく固くなるし…
Kimg0561
5分で乾いてきたので、焦って片側はもう1度やり直す羽目に。
もう、あとは簡単!
Kimg0567
しかし、またネジを挿入している穴のところから曲がってくるでしょうね。
ネジは、前回より1㎜細くし、その分ねじ止めでがっちり固定していますが、ボートを上げるだけで、もう5㎜のネジが少し曲がってしまいました。
一応完成!
こんどダメなら、このバーを特注のステンレスにでもしたら良いかな?
このシステムで目標2年!
しかし、ほんまボートはほっといたら色々なところがダメになりますね。
ここがしばらくイケても他がまた悪くなることでしょう?

| コメント (6)

2018年2月 3日 (土)

バランス

今日は、オーバースライダーの修理。

無理をして曲げてしまったアルミパイプは、購入して付け替えることに決定。
ネットで調べて、電話したら出ませんでした。
どうやら、土曜日は休みのようです。
ネット系は土日休みが多く、個人商店でしたが、優雅でいいなあ!
 
と言うことで、それ以外の方法を考えることに。
アルミパイプは万力を使ったり、金づちでたたいたり、やりましたが、ビクともしません。
外形25㎜肉厚3㎜。
結構頑丈な作りです。
 
仕事から家に帰って💡‼の神が降臨。
Dscn1051
側溝の溝にジャストフィット。
ゆっくりゆっくり揺らしながら曲げるとほぼ真っ直ぐになりました。
あと色々苦労はありましたが、何とか暗くなる前に終了。
Dscn1053
この前、折れた部品は型が変わって強く更にボートを傷つけにくくなっていました。
この前のように、また下ろすときに故障なんてことがないようにもう1度積みなおしましたが、問題なし。
改造のおかげで、短時間の上げ下ろし2回でも平気!
苦労はしたけど、ようやく終わりに近づいてきたかな?
まだ不安なので、使用した工具類は車の中にしばらく入れときます。
 
まあ、それにしても苦労しました。
1つバランスが崩れると次から次に問題が起こります。
今までバランスを保っていたものを、急に極端な形で変えたために起こりました。
私には、よくあるパターン。
これは!と思うと、極端な方向に走って失敗。
以後気をつけようと思います。
 
積み下ろしが楽になった分は、オーバースライダーに無理が掛かっているはず。
リベッターなど余計な出費&ものすご~~い手間が掛かりましたが、経年劣化でまた故障しても今度は簡単に部品交換できるので、無駄はなかったと思います。
これぞ、ビジネス本がいうところの「試す」ってことなんでしょう。

| コメント (0)

2018年1月17日 (水)

オーバースライダーの修理

最近、ボートの撤収がつらい。
プレジャーボートも考えたけど、遠征の釣りが激減しそうだし、維持費が掛かる。
トレーラーにボートを乗せることも考えたけれど、家のガレージにうまくバックで入れる自信がない。
結局、いつものようにぶれにぶれて、とりあえずは、オーバースライダーの修理をすることにしました。
日曜日の夜に注文を入れ、今日代引きで購入。
 
Dscn1023
結構費用が掛かりましたが、このアルミパイプの肉厚が2㎜から3㎜になっていました。
ここが一番の弱点だったので、これは良い買い物をしたと思います。
Succeed4_1
これは、製造元の写真の引用ですが、黄色の部分の交換です。
アルミパイプを今までより20㎝長いものを購入。
てこの原理で20㎝分軽くなるし、表現しにくいけど、黒の三角形の部品もガタが来てこれも、持ち上げる負担増につながっていたので、これでボートを積み上げる負担は軽減されるはずです。
ボートを片付ける際、力が居るのは3つ。
①60㎏ほどあるエンジンを外して積み込む。
②ボートをひっくり返してオーバースライダーに乗せる。
③オーバースライダーを使ってカートップする。
この中で一番力が必要だったのは③で2度ほど気を失いかけましたし、これをやった直後はろれつが回らなくなることもしばしば。
今回の修理で多少は楽になるかも?
取り付けには、リベッターが必要で、今日アマゾンで¥1399で買いました。
もっと前に買って修理に使えば、ここまでぼろくならなかったのにね。
しかし、使ったことはないし、いつもそうですが、そんなにうまく作業は進まないでしょう。
もう1回使った後の日曜日、作業の予定です。
 
しばらくは、オーバースライダーでやりますが、いずれは、プレジャーかトレーラーの必要性が出て来るでしょうね。
今の弁慶型の重量級カートップボート購入に踏み切るにも2年ほど悩みましたからね。
今回の修理の具合で、じっくり考えていきます。
しかし、間違いないのは、ボート釣りは体が動かなくなるまでやります!

| コメント (0)

2017年12月 4日 (月)

16㎜

今日は、仕事があって遅くなりましたが、慌てて帰宅しました。

滑り込みセ~フ!で天才キッズ…の番組が視られました。
オセロの髙橋少年の雰囲気がすごい!
 
さて、ハッチクレーンの件ですが…。
Dscn0879
ハッチクレーンを固定しているツッパリ棒的なボルトが折れ曲がって、クレーンの支柱が倒壊。
まだ、引き上げ途中だったのと海面が高くなっていたことで、事なきを得ましたが…。
もう1度、ボートを引き上げなくてはいけません。
エンジン以外ほとんど全てを自力で岸壁に挙げて、応急処置をしたクレーンで引き上げました。
と言っても150㎏はあったでしょうから、ほんまに危険な作業でした。
そして、昨日は朝から昼過ぎまで修理作業。
3度、近くのホームセンターまで往復してやっと復旧。
Dscn08841
ボルトを16㎜に変更し、強度は増しました。
このボルトをハッチの開口部に引っ掛けるだけのシンプル設計です。
支柱を立てると当然前へ押す力が働きますが、下に押さえつける力も働きますので、そんなに力が掛かると思っていなかったのですが、
ウィンチを強化した際、重心が上がって、この部分にてこの原理が働き、13㎜ボルトが折れ曲がったようです。
もし、ボートを吊り上げて、運転している最中にこれが起こったら、支柱が運転席に突入して後頭部を強打したかもしれません。
重さによって下に抑える力、ウィンチのワイヤーを上げることで上に持ち上げる力等…、
微妙なバランスで何とかなっている非常に不安定なシステム。
あまり勧められたもんじゃないです。
しばらくは持つでしょうが、更に改善策を思いついているので、この週末釣りがダメなら、改良します。

| コメント (5)

2017年11月18日 (土)

ヒューズの交換

ヒューズの交換をしました。

Dscn08431
海上では、分からなかったのですが、取説で調べたら…、
何や!めちゃ分かりやすいところやんか!
Dscn08451
カバーを外して予備のヒューズと交換。
ホームセンターでヒューズを買って補充し、作業完了!
 
続いて、トランスミッターの取り付け。
Dscn0849
これも、一瞬でした。
スマホの設定のBluetoothでトランスミッター接続のDATAを選択。
FMを89.5に設定して完了。(周波数は自由に設定できる。)
5分も掛かりませんでした。
あとは、もっとたくさん曲をダウンロードして、オフラインで聴けるようにすれば、快適に車内で音楽が楽しめます。

| コメント (2)

2017年10月 6日 (金)

ウィンチが動きました。

やっと、ウィンチが動きました。

2週連続、秋晴れで釣り無かあ。。。。。と、仕事に手がつかないぐらい落ち込んでおりましたが…。
連休後半には間に合いそうです。
リレースイッチが入って複雑な配線。
図を見ながら、間違いなく着けたはずでしたが、この写真では分かりませんが、反対側に一見ただの固定用のボルトがマイナス端子だったようで、図では分かりにかったです。
日本の解説書なら、こうはならなかったはずです。
ウィンチは、T-MAX ATWPRO4500LBという機種です。
販売元にメールを送ってアドバイスを受け、改善しました。
通販も、しっかり知識のあるショップで頼まないとダメですね。
キャンセルしたショップはスーツケースのショップでしたから、こんなところで買ってはダメですね!
Dscn0736

| コメント (0)

2017年8月15日 (火)

スパンカーの帆張替え

もう15年以上使用していたスパンカーの帆の布が遂にビリビリに…。

市販品を買っても良かったけど、こんなには長持ちしないでしょう。
と言うことで、とらやで買った布で張替え。
Kimg0183
 
¥2250。
 
さて、この前は嫁にミシンで作ってもらったが、今回は、自力で手縫いでやることにしました。
一番強いという本返し縫いで、1日やって作業工程の半分終了。
見るに見かねた嫁が手伝ってくれて、夜に完成!
支柱に付ける部分がミシンだと結構手の込んだ作業になるんだけど、一発で完了。
私がやった分は仮縫いのようになってしまいました。
 
本日、少しだけフレームの補強をしたうえで、帆を装着!
Dscn0598
ええ感じでしょ!
2本継ぎ方式、少し継ぎ目で折れますが、かさ張りません!
あとは、ひもを付けるだけで完成!
15年は持ちますので、私が釣りを止めるまで使えそうです。

| コメント (2)

2017年4月 8日 (土)

バックカメラの取り付け

森脇健司さん、優勝おめでとう!
暇でオールスター感謝祭を視ていました。
1年間この番組のマラソンに備えて、本番とよく似たコースを走って練習してきたそうな…。
この「ストイック」さ、素晴らしい!
私はと言えば、年齢を理由に最近ちょっとアカン!
今日は釣りに行けてたなあ。
職場の人事異動で、忙しくなりました。
 
Kimg1737
桜を見ても、ああ今日は行けてたなあ、根性が足らんなあ~!と後悔しきり。
 
散歩の後、バックカメラの設置。
オートバックスで聞くと、「手間がかかるので、2万5千円掛かります。」とのこと。
ボートを下して、エンジン、二段ベットも外して1日ショップに預けるなんてことはできません。
なので、自力で設置。
 
ダッシュボードを外して、バックカメラの画像コードを接続。
ここは、廃車前に練習を兼ね、カメラやカーナビを外していたので、すんなり。
 
Kimg1707_2
 
続いて、カメラの設置。
本体を強力両面テープで接着。
ハッチバックのドアノブの奥の一部にドリルで穴を開けケーブルを通しました。
 
Kimg1702
ハッチバックから車体にケーブルを通すところに一番手間がかかるのですが、見栄えさえ気にしなければこれは簡単!
内張りを固定するクリップ1個の穴からケーブルを取り出し、線むき出しのまま本体へ。
 
Kimg1765
私が苦労したのは、バックライトから電源を取るところ。
Kimg1728
一番手前にある黒の電源コードが中々外れない。
内張りの内側に設置されていてよく見えないので、携帯で写真を撮って手の感覚だけで外そうとしたけどうまくいかず、結局、小さなやすりを買って、コードを固定しているベルトを切り落としました。
 
さてあとは、どのコードがバックライトの電源コードか?
Kimg1740
6分の1の確率。
まずは青白から
カーナビを起動してバックに入れても映らない…。
その次の緑もダメだったけど、ライトを点けるとカメラが映りました。
次は、ブレーキランプで
結局、正解は黒赤でした。
Kimg1756_2
こんなにやり直しました。
釣りも同じ、どっちか迷ったときほぼ全て裏目。
6分の5でようやくモニターが映りました。
アースは、ボディーに養生テープを3重貼りしただけ。
まあ、何とか2万5千円を浮かせました。
 
 

| コメント (0)

2017年3月21日 (火)

魚探のWIFI

今日は、GPSMAPの内蔵されているWIFIを設定してみました。

まずは、8ケタのパスワードの設定。

そして、映してみたいスマホやタブレットに「GARMIN HELM」のアプリをダウンロード。

スマホのWIFI設定からガーミンのWIFIを選んでパスワードを入力すると案外簡単に視れました。

この画像は家のソファーを要らなくなったGT-21でスマホに映した画像です。

14900972867210

スマホからも、リモコン操作ができますし、前席の釣り人にパスワードを知らせれば、魚探や地図の画像が共有できます。

防水のタブレットがあれば一番便利でしょうね。

1_000000001624

実は、このWIFI内臓機能が ¥14900のGPSMAP722XSにもついています。

タッチパネルだし、出力1KWだし、アンテナ内臓だし、2CPUだし、AQUAMAPより機能が充実しているのに格安です。

これからは、GPSMAPの時代ですね。

9インチの922XSだと縦のドット数が600で更に見やすくなるでしょう。

私の7410XSだと800ドットで更にサイドスキャンが付きます。

最近の魚探はデジタル化して、大船団では映らなくなるとか…。

GPSMAPには振動子がチャープじゃなくても、ブロードバンドの可変周波数内で混線しない周波数を自由に選べる設定もあります。

が、これはどうせ混線の周波数をスキップする機能があるので特に要らない機能です。

ブロードバンドは、真ん中の周波数から外れていく周波数は弱くなる傾向にあります。

 

とりあえず今週は職場の仲間と釣りなので、早速このWIFI機能を使ってみようと思います。

息子が買い替えで要らなくなったスマホを使えばよいかな?

 

追伸:スマホでスクリーンショットをとればイチイチSDカードの抜き差しをしなくて済みますね。

やり方は、音量ボタンの低と電源ボタンの同時長押しです。

ただし、ガーミンのWIFI設定中はWIFIでネットが見れません。

ネットを見るときは、WIFI設定のガーミンの接続を切る必要があります。

| コメント (2)

2017年3月14日 (火)

車が来ました!

エンジン、魚探が解決して、次は車。
やっと、日曜日に乗り換えました。
まずは、フィルムを張りました。
 
Kimg1572_2
 
CUTフィルム。
これは便利です!
一番難しいリアウインドも割合うまくいきました。
 
そして、2段ベッド。
Kimg1534
183㎝×110㎝。
これで、ゆったり寝れるし、荷物も積めます。
運転席側は板を取り外しができるようにして、3段階ぐらいリクライニングできるようにしました。
リクライニングしない方が腰の負担が小さくこれで十分です。
北海道釣り旅行他、釣り旅行に対応した艤装でこれに相当時間を費やしました。
 
エンジン他荷物を詰めて、後は前回の車で錆びた部分にコーキングを施しました。
が…、これが大失敗!
マスキングもせずに、更に天気が良すぎて、コーキングの乾きが早くて、見栄え最悪。
まあ、どうせ上に載せてるボートもボロボロなので、ええかな?
しかし、ちょっとひど過ぎなので、何とか少し修正をしないといけません。
 
購入した車は、以前の車と初年度登録はほぼ同じで10年目、走行距離が1万㎞程少ないだけの11万㎞。
丈夫な車なので、まだまだ大丈夫だと思います。
格安で購入しましたが、安物を買っても新車を買っても、どうせ錆びてダメになるので、釣り専用車ならこれぐらいが良いかな?と思います。
竹内 真治さんの「四季のボート釣り」で、車を贅沢しなければ、そこそこのボートは買える、と書いてあります。
元々気になっていた車とエンジンは今回の騒動でスッキリしました。
 
本日は、仕事が遅くなったので、明日また魚探の設定をします。
ほんま、抱いて寝たいぐらいですわ。

| コメント (0)

より以前の記事一覧