2017年5月 7日 (日)

GW最終日

できれば、GW最終日はゆっくりしたかったが、最終日になってしまいました。
昔に比べて、車の渋滞はマシになりましたが…。
疲れを持ち越さないように、午前中で終われる釣りにしました。
 
本日本命のキンメダイを浅場からだんだん深場へ狙う予定。
アコウダイもこの時期浅場にノッコミで居るはず…。
 
朝一狙うポイントを間違えたのと想定以上に夜明けが早かったためにNO FISH。
潮も緩すぎるし、これは、悪い時のパターンです。
 
アカムツポイントに変えると…、
Kimg1880
小型ながらGET。
釣り荒れがひどく、ここで釣れるのは久々。
続いて、蛸が連発。
この時だけ、いい潮が流れました。
その後、しばらくNO FISH。
一か八かの深場。
075_176_4
また、キンメダイ狙い。
075_175
 
魚探はばっちり底の状態やベイトを捉えていますが、肝心の腕が伴わないです。
良いところはないか、あちこち探ってようやくキンメダイらしい魚信。
Kimg1884
 
良型のアカムツ、よく引きました!
よいおかずはできましたが、深海釣りは思うようにいかないですね。
 
Kimg1893

| コメント (6)

2017年4月 2日 (日)

サバ地獄

深海に行ってきました。
前回、深海の活性が高くなっているので、今回も楽しみにして出かけたのですが…。
誤算1。
朝から、風とうねりがひどい!
 
Kimg1687
 
ここは、朝一が風が強くなるので、我慢しましたが、最後までうねりがとれず、数年ぶりに軽い船酔いになりますた。
ゴンゴン!
いい魚信がいきなりありました。
Kimg1686
 
幻の魚、アラ。
いきなり、嬉しい魚。
続いて、小アラが釣れ目玉飛び出しでリリースできずキープ。
アカムツらしきアタリもありましたが、うねりのせいかバラシ、前回良かったポイントへ。
024_174_2
相変わらず、反応は良い感じ!
いきなり、仕掛けを持ち上げるアタリ。
Kimg1689
サバでした。
最初は、まあこれでも良かったのですが、これ以降サバ、サバ、サバ。
反応の中層もサバなら、無事底に達してもサバ。
終いに、サバをノマセサビキ状態にして、まだエサのついているところに、食いつかないかと追い食いを待ってもサバ。
最高、8連もありました。
誤算2はサバ地獄。
多分、深海には良いベイトが入っているのでしょうが、サバ地獄には打つ手なし。
金目鯛やアカムツも同じ考えであきれているのでしょう。
前回はサバが入る直前でちょうど良かったのでしょう。
風のうわさで聞いていたサバ地獄がこれほどまでとは…。
 
さて、このサバ地獄でも新調したベアリングサルカンの仕掛けは上々でした!
1セットだけで1日通せました。
実は、どんくさいことに、仕掛けを出す際、ぼとっ!と一気に仕掛けが外れてしまい、仕掛けを直すのに30分ぐらい掛かりました。
しかし、漂流中良いポイントを発見。
結構、深い水深の根です。
後半、入りなおしたのが上の画像です。
サバが去ったあと入るのが楽しみです。
 
海況も、釣果も悪いこの日。
上陸して真っ先にしたのは、お弁当を食べること。
やっと、腹痛が収まり空腹を満たしました。
また、寒の戻りで寒く、過酷な1日でした。
 
Kimg1694

| コメント (4)

2017年3月18日 (土)

新魚探-深海釣り編

深海釣りでした。
狙いは、アカムツとキンメダイに絞りました。
Kimg1576
 
深海釣りは朝一と思いますが、今回は割とゆっくり出船しました。
沖は結構な陸風=花粉風で、ノーマスクのため、途中大変なことになりました。
Kimg1578
 
今回は魚探のテスト。
アクアマップの時は調子が出るまで1年掛かりましたが…。
まずは、久々のアカムツポイントから。
アカムツとしては浅めなので、GT-41の振動子からTEST。
183_174_2
GT-21と全く同じ。
タッチパネルでマニュアルズームは思いのまま。
これは予想通りとても便利です。
地図もカーナビと同じ操作方法でポイント探しが一発。
しかし、全くベイトの反応なし!
それでも、底にべったりのアカムツが釣れる場合があるので、天秤で釣ることにしました。
HIT!
不気味な外道ではない、良い引き!
ようこそ、アカムツと言葉まで用意していたのに上がってきたのはまあまあサイズのアマダイでした。
Kimg1575
続いて、まあまあのユメカサゴ。
Kimg1584_2
サイズが良いのは、釣り荒れしていない証拠。
続いて、今度こそアカムツ!
Kimg1590
アナゴでした。
この後、アマダイや外道が釣れ続きましたが、昼前になりアタリが止まり、アカムツの気配もないので、深いところへ場所変更。
振動子はGT-15に、仕掛けは胴付き10本針に変更しました。
このままでは、今回も本命なしで前回の二の舞。
思い切って、1年分ぐらいある航跡を全て非表示にして新規ポイントへ。
これが深海釣りの醍醐味。
GPS主体の釣りから魚探の釣りへ。
何か所か回って反応が出るポイント発見。
根の前にベイトの反応があります。
189ba97
 
HIT!
キンメダイと思って追い食い狙い。
頃合いを見計らって巻き上げ。
海を覗くと、何と!これは、もしかして?
Kimg1597
海のダイヤモンド、アカムツ。
最近は狙う船が多くなって、貴重品!
サイズもまずまず…。
上から3番目に食ってきました。
この後も釣れ続け、サイズUP!
浮いてるアカムツは大きいのが多いです。
外道も多彩、深場の定番ギスやら、ユメカサゴなど。
最後に金目鯛も来て、本命がやっと揃い4時までやって帰りました。
 
アマダイもやろうかと考えていたところですが、アカムツの外道で来るとは…。
春になり、これからが本番かな?
20170318

| コメント (6)

2017年2月18日 (土)

ありがとう、200万アクセス

200万アクセス達成!
皆さま、ありがとうございます。
 
今回は、深海釣りです。
この前、10年間の深海釣りのDATAを調べてみました。
2月はあまり芳しくないのですが、昨年3月初旬にアカムツが釣れた記事から、だんだん妄想が広がって、行く前からもう釣れたも同然になっていました。
しかし、現実はそう甘くはなかったです。
前日から、サバの短冊を作って用意は万全。
瞼が下がって薄目同然で夜道の峠越えは辛かったですが、何とか5時間ぐらいの仮眠ができました。
Kimg1476
 
今回、バッテリーが心配なので、深場は割愛。
アカムツ・オコゼ・アマダイの順に釣りをすることにしました。
朝からシ~~~~ン。
結構反転流が流れていましたが、スミヤキやサバも居ないし、漁師もまばら。
マイポイントでじっくり粘るものの、小さなドンコのみ。
南へ下がると活性が上がるかも?
と、思ったら、ジギング船が2隻。
自分なりにここと思うNEW POINTでしばらく大流し。
少し南風が出てきました。
嫌な予感。
元に戻って絶対釣れる?お土産ポイントへ。
ゴン!しめた、と思ったら、ヒオドシでした。
Kimg1478
 
 
11時ごろから嫌な南風が追いかけてきました。
12時にはもうウサギが飛び跳ね、僚船のキートスさんが帰るのが見えたので、私も急いで引き揚げて。。。
とは、行かず、岸寄りからまたいったん沖に向かいましたが、やっぱりアカンわ!
と断念。
オキアミまで用意してたのに…。
携帯で予報を見ると昨日の時点では昼に無風だったのに、今日見ると風速9mになっていました。
諦めました。
キートスさんはクロムツやオコゼを釣っておられました。
こんなに早く風が強まるとは思ってもみなかったし、アカムツを深追いしすぎました。
 
Kimg1486
 
帰り道、道の駅で話をしていて、車のポンコツぶりをいじられておりましたが。。。
よく見ると、フロントガラスに30㎝程の亀裂が入っています。
車が悲鳴を上げているようです。
Photo
 
車検が通らないのは分かりますが、車検をしたばかり。
まだいけるのでしょうか?

| コメント (6)

2016年12月21日 (水)

深海釣り開幕

今年の深海釣りが開幕。

Kimg1254

さて、今回はリハビリにいつものポイント・いつもの釣りからスタート。

Kimg1248

クロシビカマス・通称スミヤキが最初の獲物でした。

このあと、アタリがなく、10本針仕掛けが面倒になり早々にアカムツ狙い。

しかし、ぜ~~んぜんダメ。

活性を感じられません。

20161218_0914_00

やっと、良い反応の場所を見つけてましたが、3連続バラシ、1度明らかにアカムツのアタリでした。

Kimg1256

ユメカサゴにチゴタラ・通称どんこで何と!中深海用のリールが故障。

浅場の釣りは諦め、昨年この時期、アコウダイを釣ったポイントへ。

20161218_1124_00_2

これは、根でしょ!

そして、ちょこちょこと500m以上下からの魚信。

そして、強烈な引き、これはアコウダイでしょう。

アコウダイと確信して、ゆっくり巻き上げ。

ところが…、

Kimg1262

サメでした。

昼過ぎまで、ほぼボーズ。

さて、中深海用のリールが壊れオコゼ釣りは封印されました。

金目鯛釣りに変更。

ちび金目のあと。

Kimg1268

まあまあのキンメダイ。

アタリで、それと分かったので、追い食いを狙って色々やったのですが、単発。

よし、今度は10分は粘ってやる!とアタリが出た後、ゆっくりゆっくり誘い上げては落とし込みましたがダメ!

結局、この魚は取り込み寸前ぎりぎり見えるところで、ゆっくり逃げていきました。

続いてのアタリは10本の真ん中ぐらいで切れて、モチベーションも切れて、終了。

Kimg1269

ほろ苦い深海釣り開幕となりましたが、課題がはっきりしました。

キンメダイの追い食い作戦と地図。

20161218_1517_00_2

 

| コメント (0)

2016年5月 8日 (日)

大ムツ

さて、今回のテーマというか計画は盛り沢山。

・いつもと違うフィールドで釣る。

・1泊2日の釣行で朝夕の地合だけ釣りをする。

・黒潮が来てたら、2日目はカツオをする。

・GT-15の振動子で反応を映して金目鯛を釣る。

こんなところでしょうか?

夕方の釣りは、昼間吹き出した風が残る場合も多いのですが、今回は、うねりが大きいものの、ぎりぎりセーフ。

さて、昔釣っていたポイントだけど、GT-15で映すとどうなるか?

20160507_1516_00_2


仕掛けをSET中に良い反応発見。

マークを入れ、早速仕掛けを投入。

1回目は起点が間違い、即仕掛けを回収し再投入。

ゴンゴン…

Dscn1162

久々、モンスター級のクロムツとキンメダイ。

80㎝近くありました。

この後、2時間でキンメ2匹追加して終了。

キンメはポイントに居るけど、誘いきれず釣れないのかな?

釣り仲間から聞いて自分なりに工夫はしているものの、魚のスイッチをONするまでには至りませんでした。

さて、GT-15なので、水温は分かりませんが、GT-21に変更するまでもなく、カツオはあきらめ。

潮が反対、色も紺碧とは程遠い色でした。

 

翌日は、アカムツ新ポイント探し。

Dscn1171


予報が外れ、波風強し。

中々ポイントが見つからず、朝からコアラのマーチ1つ。

やっとポイントを見つけ2匹釣れました。

Dscn1174_2


まあ、数は少ないものの、釣りたい魚がだいたい揃ったので、STOPフィッシング。

9時過ぎに終了。

なぜなら、昼の水位が-10㎝・朝との高低差160㎝!

遅くなればなるほど、揚げにくくなります。

これからの時期、下げ潮は速くなるんだけど、大潮は異常な低さで要注意。

潮干狩りにはいい時期だけど…

Dscn1177

やっと、2年続いているGWボーズ脱出です。

金目鯛の味はピークを過ぎた感じ。

久々に釣れたアカムツの方が旨かったです。

| コメント (4)

2016年4月16日 (土)

金目鯛釣り

金目鯛の脂がよくのり美味しかったので、魚探のテストを兼ね、もう1週。

今回、アクシデント多発。

まずは、往路で土砂崩れのため迂回。

山深い中で約1時間の迂回、泣きそうになりました。

続いて、朝魚探が初期画面のままで起動しない症状。

電流の流れが悪いため起こる症状であることは分かっていましたが、どこの接触が悪いのかつきとめるのに小1時間掛かりました。

Dscn1104_2


さて、しきり直しできょうはやるぞと思ったら、電動リールのカウンターの調子も悪く、途中で止まって一発目の大物をバラシ。

アタリはそれっきりで金目鯛をメインにあれこれポイントを移動しながら拾い釣り。

Dscn1108


久々にまともなスミヤキ、今回はキープ。

昔はうるさいほど居たのに、数が減ると貴重に感じてしまうもんですね!

Dscn1110

ちょこっとだけオコゼをやりましたが、ミニサイズのみ。

今日も潮が速くて、釣りにくかったです。

Dscn1111


何とか?メバル。

一度も食べたことないですが、今回はキープ。

Dscn1112


夕方やっと、金目鯛が釣れました。

下4本がねじ切れたのか、スミヤキにやられたのか幹糸24号が切れてしまいました。

このあと、更に大きなアタリがあったのを残り40mで針外れ。

メーター級のアカムツ?の訳ないか…。

バラシの多い先週今週。

巻き上げスピードを工夫したり、竿を変えたりしたのですが、どうしてでしょうね?

もしかしたら、サメに食われているのかもしれません。

あちこちで見かけました。

トラブルが多いこの日の締めくくりが、高切れ。

根掛かりで300mのPEラインをロス。

20160416_1621_00


天気、潮、反応は良かったのですが、腕が未熟でした。

Dscn1117

| コメント (2)

2016年4月 9日 (土)

GT-15テスト2

振動子GT-15のテストを兼ねて深海釣りをしてきました。

GT-15=中周波チャープ振動子。

200khzだと深くまで映らない、50khzだとビームの角度が広がりすぎポイントや反応がぼやけてしまう。

その中間の125khzだとちょうど良いのでは?と考えたのです。

さて、どうなることやら、気合十分で深海で浮かんできました。

と言っても、土産が欲しいので、キンメダイ、アカムツ狙い。

何と1流し目から…

Dscn1080


私とすれば、良型。

潮がえらい濁っていたので心配しましたが、一安心。

しかし、このあと、長~~~~~~い沈黙。

一番高い周波数160Khzでは300mが限界。

GT-21の方が映りはクリアでビームの角度も狭くアカムツ兼金目鯛ならGT-21に軍配。

さあ、水深500m台のテスト兼アコウダイ狙い。

20160409_0958_00


80Khzなら映りました。

エコー伸長をあれこれいじっているとアタリ。

グーーーーン、強烈な引き。

リールのテンションが過去最高「8」。

も、途中でバラシ。

Dscn1085

アナゴに何者かが食いついたようです。

去年も1回ありましたっけ。

もう1回流すと、またまた、同じようなアタリ。

アナゴを丸呑みする時間をと15分待って引き揚げ。

ギューーーーン。

リールがうなって、終いにブレーカーが働き途中から手巻き。

そして、上がってきたのが…

Dscn1090


深海ザメでした。

ガクッ。

このあと、オコゼをやりましたが、潮の向きが悪いのかダメ。

この日は、ダムの放水でもあったのかやたらと濁っていたのがも響したのかな?

帰り際、ちょっと深めのポイントで立て続けに、金目鯛2つ釣れました。

が、その後大きな引きでハリス切れ1回、幹糸切れ1回。

大きなスミヤキでしょうか?

バラシ2回で地合終了。

帰ることにしました。

14602461444850

| コメント (9)

2016年3月 6日 (日)

久々にマイボート

今週は、雨が降ろうが、風が吹こうが出るつもりでした。

一番出したかった深海ポイントから出せました。

半月ぶりの出船。

とにかく、ノープランで釣れる魚を釣る!!!

Dscn0997

7本仕掛けで金目鯛狙い。

Dscn0996


多分1匹ばれました。

後が続かず、この仕掛けでアカムツ狙い。

全然駄目で今日はスミイチかなっ?

仕掛けを変更すると魚信あり!

Dscn0998_2

この後、もう1匹追加して10時前。

アコウダイ狙い。

20160305_0948_00


尾引きが長すぎるポイント。

前回の釣りで得た経験。

アコウダイは粘り。

4時間ほど粘りましたが、アナゴさん1本。

あとは、いつものところでオコゼ狙い。

早速、アタリ…???もバラシで、そこからシ~~~~~ン。

これは、マズイとあれこれ、移動の末、やっと魚信。

Dscn1000_2


NEWポイントで釣るとでかい!

半ば、あきらめていただけに嬉しさ倍増。

今回、一番欲しかった魚でした。

また、アカムツをやることにしました。

20160305_1500_00


ポイントの外れでこの反応。

ここを重点的に攻めて、連発・サイズUPでしたが…。

だましだまし使ってきたエンジンも限界寸前。

エンストは毎度のことながら、更にかかりにくくなって、これは限界。

というか、もう限界を超えています。

本当は、2日分の釣りをする覚悟で、このあと岸でイカをやるつもりでしたが…。

エンストのあと、バタバタと最低限の片づけをして、帰港しました。

160305

とりあえず、出れたし、釣れたし、美味しく食べられたし、3月は2月分を取り返すべく気持ちの充電だけは満タンです。

| コメント (6)

2016年2月11日 (木)

アコウダイ狙い

3択のうち一番行きたかったところは、携帯の風予報が悪く、ホンマかな???も、予定をぎりぎりで変更して、アコウダイ狙いにしました。

例年、撃沈していますが、ここの乗合船はよく釣らしているので、絶対ええポイントがあるはず。

昨年最後、親切な漁師さんと並んで釣ったところ狙いで出船しました。

が、こんなに天気が良いところ、ボーズは嫌なので、既成のアカムツポイントから始めます。

根回りや…

20160210_0544_00


駆け上がりの手前を攻めますが…

20160210_0728_00

ユメカサゴ2匹、あなご1匹で終了。

早々に諦めて、アコウダイポイントへ。

20160211_0932_00

自動拡大だとイマイチ分かりません!

レンジ設定を1000mにして、ズームもマニュアルズームにして、全て手動。

尾引きの長さで変化を見極めようという作戦です。

20160211_1106_00

わずか10分ぐらいの流しで400m弱から始まる急激なかけ下がり。

最深部600mになって、最後は駆け上がるという地形的変化があるポイント。

20160211_1246_00

20160211_1251_00

潮が速すぎて、釣りにくいですが、救いは外道が全くないこと。

一度生命反応がありましたが、途中でバラシ。

ハリスが激しくよれているので、この水深でキンメダイ?

他に行くのはやめ、ひたすら潮が緩くなるのを願いながら、偶然アコウダイの鼻先に針が行くことを願って数時間我慢の釣り。

魚探の操作を色々試せたので、そんなに退屈はしませんでしたが…

そんな中の数流し目。

いつものようにHIスピードで巻き上げると…

何かが着いていました。

Dscn0979


アタリが分かりませんでしたが、アコウダイGET。

居るのは居るようです。

アコウダイは粘りがいるようですね。

ひとつ、勉強しました。

午後から、お腹が痛くなり早めに切り上げましたが、正解!

片づけでボートを上げる時、ふらっと来ました。

どうやら、風邪が悪化したようです。

温泉にも入らず、ノンストップで帰り、シャワーをあびて布団に直行でした。

どうも、この冬は体調が思わしくありません。

職場でも、同僚が同じようなことを言っております。

寒さがとれないとこの調子が続くのかもしれません。

14553043634780

 

| コメント (10)

より以前の記事一覧